FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

クリスマスの夜

2016.12.26 (Mon)


パパの固いもの、濡れた私の秘唇を押し開き、一番奥まで届いたのがわかりました。
その瞬間、自分が漏らす、悦びを告げる細い声を薄っすらと聞きながら、
身体が望むままに、大きく、背中、持ち上げ、たわわな白い乳房を揺らしたんです。

やっぱり私にとって、
一番のクリスマスプレゼント、大好きな、大好きなパパの、これなんですね。

sex_4610-011s.jpg

イブの24日、帰省していた子どもたちは、友達と遊びに行ってて、
家族でのクリスマスパーティーは、昨夜25日。

ケンチキパーティーって、子ともたちと、パパは言ったけど、
ファーストフードじゃなくって、家で作れるものは私がって、
お昼過ぎから準備しましたよ。

ニンニクやショウガ、
そして、私の愛情で、しっかり漬け込んで揚げたチキンや、
パンプキンスープなど、皆、喜んで食べてくれました。

DSC05664.jpg

去年のクリスマスプレゼントは、サプライズの地中海旅行の発表。
5月に行った客船に乗っての訪ねた、ヨーロッパ三か国の旅は、
本当に、一生の思い出になったと言ってもいい、素敵なプレゼントでした。

036.jpg

「このまま、ママの中にいっぱい出して、赤ちゃんプレゼントしてあげようか」

腰の動きを速めながら、少し乱れだした息の中で、パパ、そんなこと言うんです。

大学を卒業して暫くして夫と結婚して、そして、すぐに出産したから、
随分と歳の離れた姉妹になるだろうし、私自身高齢出産になってしまうけど、
それは、それで、すごく嬉しいことのような気がしました。

それに、赤ちゃんができて、その赤ちゃんのための、忙しい毎日になったら、
今のように、パパ以外の男の人との、ふしだらな時間、
もう、過ごすこと、きっと、なくなると思うから、
私たち夫婦にとって、きっと良いことなんでしょうね。

「あぁ、ちょうだい、パパの、たくさん」

そう言いながら、パパの首筋に噛り付くと、その温かな液を欲しがって、
嫌らしく腰、振り続けた夜だったんです。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg

関連記事
09:31  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |