FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

地中海での思い出11 マルセイユ3

2016.12.13 (Tue)


ブラウスの上からあてがわれ、乳房の柔らかさを楽しんだ手が、
そっと、おとがいに添えられ、顔を向けさせられると、
懐かしい匂いのする濡れたくちびるが、うっすらと喘ぎ開いた私のくちびるに、
擦り付けられてきました。

e6be189c-s.jpg

そして、いくらかの間で、その柔らかさを味わった後、舌先がくちびるを開いて、
私の舌に、絡もうとしたのです。

いたたまれない時間を迎えようとして、抗いもできたはずなのに、
どろりと、流し込まれてきた唾液を飲まされた途端、
もう、私の身体、彼のものを、受け入れるための準備、
終えようとしていたのでした。

tachi_back_4909-022s.jpg

「なんて、狭いんだ」

そう、唸るようにいいながら、潤いだしてしまっていた秘唇の溝、
進み、戻りながら、
私自身も、彼の望むように、その位置を探し出していたのです。

身体の奥の柔らかな濡れた肉壁に、
彼の恐ろしく固いものが、届いたことを感じた私、
強く仰け反り、悲しげな細い声をあげ、
二人がしっかりと繋がりあったこと、彼に知らせたのでした。

「あぁ、我慢できない」

いつになく、興奮されていたのでしょうか。
いくらもしないうちに、他人ではなくなった夜には聞けなかった、
だんな様の、慌てたような曇った声を聞かされました。

この旅行中、身体の周期が、大丈夫であることを知られていた私、
その声に誘われるように、悦びの予感が身体を染め始めたこと感じてしまったのです。

腰に当てられただんな様の両手に、それまで以上の力が加わり、
下から、えぐるように、突き上げられると、
その瞬間が、否応なく、訪れたことが分かり、
そして、その直後に、身体の奥に弾き出された温かさに、正直に誘われるようにして、
激しい桃色の悦びに、昇り詰めていったのでした。

頭の中が真っ白になり、
膝ががくがくってして、腰砕けになりそうでしたが、
繋がったままの彼に、抱き上げられながら、
激しい息遣いを聞かせていました。

意識を失いそうでしたが、振り向かされて寄せられてきたくちびるに、
朦朧としたまま、自分の方から、舌先を滑り込ませてしまったのです。

repo163b_1_1.jpg




関連記事
15:17  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |