FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海での思い出9 マルセイユ

2016.12.09 (Fri)


丘の上にある、ノートル ダム ド ラ ガルド寺院の塔が、
窓の遥か先ではありましたが、涙に潤んだ瞳に揺れて映っていました。

s-IMGP2237-3.jpg

あれほど、楽しみにしていたその教会を、
今、こうして、動物たちのように繋がって、雄と雌の交尾の姿を揺らしながら、
呆然と、眺めていたのです。

tachi_back_4909-062s.jpg

「忘れられなくなってしまったんだ、君の身体を」

言われたくもないそんな言葉を、耳元で聞かせられながら、
けれど、その言葉に、応えるようにして、
彼のもの、締め付けている、
自分ではどうしようもない身体の肉襞、感じていたのでした。

椅子の背もたれに、両手をつき、後ろから腰に両手を当てられ、
彼の腰、思うがままに、私の身体を突き上げ続けていたのです。

02176.jpg

さっき、脱がされた下着が、よく磨かれた床にだらしなく落ちていて、
椅子の規則的な動きに沿って、
その木製の床と猫足の椅子の立てる音、仕方なく聞くしかありませんでした。



地中海での日々も、残り二日になったマルセイユ。
午前中は、エクサンプロヴァンスの観光、ミラボー通りや市庁舎の見学、
市場や、Nさんの奥さまと入った生地屋さんで、
帰国した後も楽しみな布をお土産にするなど、
本当に、思い出深い半日でした。

662.jpg

お昼は、市場近くのお店に入って、
氷の上に乗せられた牡蠣や海老、そして、名物のブイヤベースなど、
この街らしい海産物のお料理の時間を楽しむことができましたよ。

25_2.jpg

640x640_rect_46655851.jpg

だんな様が、長くフランスでお仕事されているときに、
良く来ていたと言われていた南仏のマルセイユ。

一緒にお食事をした素敵なこのお店も、
実は、昔、よく来ていたところだって、そう言ってました。

DSC01914.jpg

二本目のワインも、あっという間に空になりましたが、
主人たら、まだ、まだ、飲み足りなさそう。

そんな様子を見ただんな様、

「家内も、飲み足りなさそうだし、もう少し、お相手してもらうことにして、
 じゃぁ、順子さんを貸してもらい、ちょっと、街ブラしてくるかな」

って、私を促したんです。

「えぇ、すいません、街ブラ、お願いしますね。お魚が美味しくて、
奥様、スパークリングワインでも、頼みましょうか」

だって。
えっ、駄目よ、そんなこと、だんな様と街ブラだなんて。

「もし、出港に間に合わなかったら、
なに、明日のバルセロナに間に合うように、列車で向かうから、
心配しないで、こっちのことは慣れてるし」

そう言うと、だんな様、慌てている私の手をとると、
ゆっくりと、立ち上がったのでした。

関連記事
16:44  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。