FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海での思い出7 だんな様を思いながら

2016.12.05 (Mon)


ベッドサイドにある、フレシキブルライトの僅かな光が、
寝転んでいる主人の姿を、うっすらと照らしていました。

でも、さっきまで着てた、薄水色のシャツも、ネクタイも、
だらしなく椅子に掛けられていて、
それは、何も身に着けていない、恥ずかしい姿だったのでした。

それに、横になった主人の下半身からは、天井に向かうようにして、
私の大好きなパパのもの、湯気の立つようにして、そそり立っていたのです。

「おいで」

そう、言った主人、ゆっくりとさすっていた自分のものの先からは、
透明なきらきらとした液が、だらりと、流れ伝っていました。

5062922e-s.jpg

慌てるようにベッドに近づきながら、
一足ごとに、身に着けているものを脱ぎ落し、
大好きな夫の身体に飛び乗った時には、もう、生まれたままの姿でしたが、
自分の口から、欲望に燃え上がった、恥ずかしい声が漏れるの、
我慢することができないで、
目の前で、跳ね動いているパパのもの、喉の奥にまで一気に咥え込み、
舌を巻きつかせるように動かしたのに、
それだけでは、自分の身体が我慢できなかったんでしょうね、

six_nine_4920-015s.jpg

「パパ、ごめんなさい」

そう言うと、滴らせていた透明の液と、私の唾液に濡れ、
驚くほど、熱く固くなったもの、細い指で何度か摩り、
まぎれもない夫の顔、見下ろしながら、
私、慌てるようにして、腰、落とすと、
一気に、身体の一番奥にまで、迎え入れたのでした。

0411-600x752.jpg

一瞬で、悦びの頂に昇り詰めた私、
仰け反らせた白い裸体を見せ、か細い声を聴かせながら、
がくがくって、身体、震わせたんです。

140527c_0029-580x870.jpg

「順子の身体、今夜は、僕のものだよね」
「そんなことない、いつも、あなたのものよ」

喘ぎ声の中、涙声でそう言って、くちびるをねだると、
パパの舌と、唾液を吸い続けたのです。

berochu_5205-012s.jpg

「だんなさんにも、こんな風にしたの」
「いや、聞かないで」
「出されたんだろ」
「あぁ、ごめんなさい」

パパの肩、しっかりと抱きしめたのに、
急に乱暴になった腰に、浮き上がるよう突き上げられながら、、
ほんの、僅かな間に、二度目の悦びの予感が、訪れようとしていたのでした。

「順子は、僕だけのものだ」

唸るような声を聴かせられ、息が詰まるほど抱きしめられると、
身体の中のパパのもの、それまで以上に、太く膨らみ、
おびただしいと思える、欲しかったパパの大切な液、注ぎ込まれるのがわかりました。

そして、その待ち望んだ温かさに誘われるようにして、
数え切れないほど迎えた悦びの頂に、もう一度、昇り詰めることがわかったのです。

sex_5165-008s.jpg

「そうよ、パパだけのものよ」

パパの背中、爪を立てるほど抱きしめ、
白い太もも、これ以上は無理だと思えるほど開き、
注がれる大好きなはずの精液、身体の一番奥に迎え入れながら、
そう、叫ぶように仰け反ったのに、

その瞬間、私のこころに浮かんだのは、
大切なはずの夫ではない、
あの、だんな様の、いやらしい濡れた口元だったのでした。

sex_4752-153s.jpg



関連記事
13:35  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(12)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。