FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

地中海ので思い出6 夜の海

2016.12.02 (Fri)


「見てましたよ」

そう、後ろから声を掛けられて、驚きました。

「ご主人以外の男性に、その胸、触られていたんでしょ」

11261.jpg

そう言って、後ろから、抱くように身体を寄せてきたのは、
あぁ、お隣の新婚のご主人、私の応えを聞くこともなく、
前に回してきた両手で、薄いワンピースの胸元を、揉みあげたのです。

e6be189c-s.jpg

「駄目よ、人妻よ。主人に叱られちゃうわ」

「ごめんなさい、ちょっとでいいんです」

恋人同士が許しあうように、彼の広い手のひらが、私の両胸を楽しみながら、
後ろから、その若い腰、押し付けてきたのでした。

tachi_back_4909-022s.jpg

すぐ横にある、テンダーボートのクレーンの機械が、
思っていたよりも狭い甲板に、深い影を作っていました。

小さな笑い声さえ聞こえる甲板の、さらに隅の暗がりで、
私たち、スプーンが重なるように、もだえていたのです。

stand_doggystyle_2554_030s.jpg

薄いワンピースの裾を、捲り上げられ、下着に手がかかり、
彼の望む、恐ろしい欲望を知らされました。

夫ではない、だんな様の両手に、
いいように、その夫だけのものあるはずの乳房を揉まれ続けられ、
そして、僅かな時間の後に、
自分よりも歳下の、若い男の人のもの、
まるで、動物たちのように、後ろから、受け入れようとしているのでしょうか。

tachi_back_4909-062s.jpg

慌てて、私、スカートを直して、振り返ると、

「奥様に悪いわ、こんなことしちゃ」
「疲れたからって、早くから、寝ちゃってるんですよ」
「やだぁ、それじゃ、奥様の身体の代わりに、私のこと」
「だって、ほら、違う男性と、あんなことしてたし、
 そんな、順子さんの身体、遠くから見てたら、堪らなくなって」
「そうじゃないのよ」

意味の分からないこと、応えるしかありませんでしたが、
そう言って、今しがたまで、揉まれていた胸元の乱れ、
もう一度、直すしかなかったのでした。

街中で、知らない男性に誘われること、珍しいことではありませんでした。
それは、ロマンスグレーの素敵な紳士だったり、私と同じ歳頃の方だったり、
そして、自分よりずっと若い男の子だったりもしました。

でも、そんなして声を掛けてくれた男性に、
むげに不快な思いさせないようして上手に断ること、
当たり前のように、できるようにはなっていたはずでした。

けれど、一緒に食事してたときの彼って、あんなに、上品だったのに、
今夜は、私に、こんな大胆なことして、困らせたんです。

仕方がなかったのかもしれませんね。
夫とは違う男性に、チークダンスだったとはいえ、
頬を寄せ合い、そして、胸をいいように揉まれながら、抗いもしなかった恥ずかしい姿、
しっかりと、見られてたんだから。

彼の手を振り払うようにして、甲板から船内に戻ると、
不思議に長く感じた廊下を歩き、お部屋の前にまでやってきました。

045.jpg

カードキーを差し込んでドアを開けたら、
待っていてくれた主人の笑顔が迎えてくれるのでしょうか。
それとも…。

ベッドサイドにある、フレシキブルライトの僅かな光が、
寝転んでいる主人の姿を、うっすらと照らしていました。
でも、さっきまで着てた、薄水色のシャツも、ネクタイも、
だらしなく椅子に掛けられていて、
何も身に着けていない、恥ずかしい姿だったのです。



関連記事
15:49  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |