FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

お正月準備

2016.12.28 (Wed)


いよいよ、押し迫りましたね。
皆さん、いかがお過ごしですか。

今日は、お正月料理の準備のために、近江町市場に行ってきましたよ。
桐子さんと葵さん、二人とも、お料理が上手で、
いつも、いろいろと教えてもらってるんです。

img_0.jpg

えーと、買い込んだのは、
フナの甘露煮、小坂れんこん、鏡餅に使う紅白もち。
(私の街では、鏡餅に紅白のお餅を使います。これって、珍しいことなんでしょ) 
今日は、このくらいにしておきました。

img_2.jpg

お買い物は配達してもらうことにして、
いつものように、ランチタイム。

今日は、都ホテルのランチバイキングは、
お値段がリーズナブルな割には、お店の雰囲気もいいし、
好きなお料理選べるから、私たちの御用達です。

87227.jpg

「台湾のお土産、遅くなりました」
「まぁ、カラスミ?ありがとう、お正月に助かるわ。
それにしても、暮れの忙しい時に、二人で旅行だなんて、良いわね」
「だって、順子達、いつも、熱々なんだもん。毎晩、抱かれてたんじゃないの」
「やだぁ、そんなことないのよ」

seijyoui_4438-165s.jpg

そう言いながら、台湾での夜のことが、こころをよぎりました。

あの夜、蜜にまみれた秘唇、呆れるほど、吸われ続けられ、
幾度となく、強い悦びに、身体を仰け反らせました。

kn233_201406181556207a2s.jpg

そして、男の人のもの、しゃぶりつくようにしてお口に含み、
唾液の音を聞かせながら、舌、絡みつかせたのです。

fellatio_4759-024s.jpg

けれど、その相手、
桐子さんや葵さんが思っている、私の夫ではなかったのでした。



「やだぁ、順子、なに、ぼぉーってしてんのよ」
「まぁ、ご主人に抱かれてるときのこと、思い出してるんでしょ?」

そう、二人に言われて、私、慌てて、髪を揺らすとうつむきました。

いろいろなことがあった今年一年、
けれど、望んでも、望まなくても、時は流れ、日は経っていくんですね。
来年は、どんな年になるのでしょうか。

思い出してはいけない時間に、こころを染められながら、
私、そっと、まぶたを閉じたのでした。

02093.jpg


関連記事
08:49  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。