FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海での思い出4 ワルツ

2016.11.28 (Mon)


「奥様をダンスに誘いたいんですけど、よろしいかな」

頭の上で、そう、Nさんの低い声が聞こえたんです。

「えっ、ええ、どうぞ。お願いします」
「駄目ですよ、私、何にも踊れないんですよ」
「何、こういったところじゃ、別に、上手に踊れなくてもいいんだから」
「踊っておいで、僕は、かまわないよ」
「さぁ、ご主人の、お許しいもただいたし」

だんな様、そう言うと、私の手を取って、ダンスエリアに、誘ったのでした。

駄目、今夜は、パパとの大事な時間だからって、そう思ったのに、
やだぁ、パパったら、
向こう側のテーブルで、小さく手を振ってる奥様に気づいて、
私のこと、振り返りもしないで、腰を上げてたんです。

12279244_1697880837097290_7851574075479974099_n.jpg

「ほら、もう、他人じゃないんだから」

腰を抱き寄せられ、首筋に触れるように近づいた唇から、
だんな様の熱い息が、そう、言ったのでした。

10人ほどの楽団の方たちが、演奏されたのはワルツ曲のメドレー、
あぁ、これなら、なんとか踊れるわって、思ったけど、
そんなこと、だんな様には、関係はなかったのかもしれませんね。

20140228214149cf9.jpg

ダンスフロアーには、10組ほどの方が、
それぞれのお相手と、楽しみながら踊られていて、
時々、お隣のペアと身体が触れるほどでした。

まぁって、ほれぼれするほと、上手なペアもあったし、
そうではないペアもあったし、
でも、クルーズでのダンスだから、お二人が楽しめればいいんですよね。

20100512_726505.jpg

でも、ちょっとって、だんな様、身体、くっつけ過ぎ、
ドレスコードはなかったけど、
柔らかい生地のフォーマルな、
真っ白なワンピースだった私のスカートの間に、
だんな様の膝、何度も、差し込まれてきて、
あぁん、駄目。

friendly888jp-img562x600-1466039146vnsjuj2075.jpg

それまでよりも、お店の明かりが暗くなって、
やだぁ、求めもしなかったチークタイム。
お約束のように、だんな様、頬、寄せてきたんですよ。

「忘れられないんだ、君の身体が」

熱い息が耳元を這い、身体の芯に、ただならぬ熱いものが、
流れ出したように感じました。

「いや、忘れてくださいね」

震えるか細い声で、やっと、そう言ったのに、

「あれほど、僕のもの、欲しがってたじゃないか」
「あぁ、許して」
「ほら、今だって」

そう言う前から、だんな様の膝、
私の柔らかいスカートの間に、挿し入れられて、
こすりつけられると、押し付けられるように動いて、
私、思わず、だんな様の背中に、手を回してしまったのでした。

98ea201efd4d6bc97752cf563c4cd575.jpg

あの夜のことが、蘇ってくるようでした。
大好きな夫が、同じ船の中にいるというのに、
その夫が、連れてきてくれた、大事な旅行だったはずなのに、
お逢いして、幾らも経たないだんな様に抱かれた、
恥ずかしい夜を過ごしたのでした。

missionary_position_5262-049s.jpg

開かされた白い太ももの付け根の秘唇にくちびるが這い回り、
夫以外には見せてはいけない、
私の一番恥ずかしい女の秘唇から滲ませてしまっていた愛液を、
思うがままに吸われ続けられました。

kn523.jpg

そして、恐ろしく太い男の人のもので、身体を繋ぎ合い、
数え切れないほど、悦びの頂に、昇り詰めさせられたのです。

二人の愛液で濡れただんな様のもの、抗いもしないでお口に含むと、
名残の液、泣きながら啜っていました。
その時の私、まぎれもない、だんな様の愛人だったのでしょうね。

cum_eating_4549-079s.jpg

そんな、あの夜の時間、
人妻であるはずの私なのに、今、身体を寄せ合い、抱きしめられながら、
取り返すことのできない時間を、もう、仕方なく諦めるしかなかったのです。




関連記事
15:00  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(9)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。