FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

地中海での思い出1 ローマ

2016.11.18 (Fri)


バルコニーから射す朝の光は、ローマへのオプショナルツアーの今日、
申し分のない、晴天を約束してくれているようでしたが、
ベッドの上の私は、昨夜が遅かったせいでしょうか、
目が覚めた後も、そのまま、恥ずかしい姿のまま、寝転んでいました。

c3737040-s.jpg

夢であって欲しかった、昨夜の出来事。
でも、だらしなく椅子に掛けられた薄紫のカクテルドレスが、
まぎれもなく、取り戻せない時間だったこと、教えていたのです。

sex_5165-050s.jpg

Nご夫妻のお部屋から戻ってきた後、
顔を見合わせることできないままに、抱きしめられ倒れ込んだベッド。

仕方のない、主人と奥様の汗と、愛液に、しっとりしていたシーツを感じながら、
私、痛みさえ覚える、身体の疲れに、
シャワーさえ使うこともできないで、まぶたを閉じた夜だったのでした。

17aa35736cfc152623747153b7b612e7-630x420.jpg

幸い、朝食に向かったいつもの15階のレストラン、
Nさんご夫婦と出会うことはありませんでした。

穏やかな波間を見ながら、なぜだか、二人分のオムレツ、ぺろりと平らげた主人、
昨夜のこと、何も聞かないまま、
いつもと同じように、穏やかな眼差しで、私のこと、見てくれていたのです。

009.jpg

チヴィタベッキアの港に着くと、お迎えのバスに乗って一路、ローマへ。
今日は、Nさんご夫婦とは、幸か不幸か、随分と離れた席でした。

011.jpg

それでも、斜め後ろから、ちらちらって見える、忘れるはずなどできない、
だんな様の、肩と腕と指先。

その逞しい身体に覆いかぶさるように抱きしめられ、
数え切れないほどの悦びに、女の身体、振るわせ続けたのでしたのね。

berochu_5205-018s.jpg

車窓から流れるように見える、穏やかな田園風景と、遠くに輝く地中海の波を見ながら、
思い出してはならない、恥ずかしい夜のことが、こころを占めていたのでした。

098.jpg



楽しみにしていたローマの街中の散策。
テレビで見ることはあったコロッセオ、凱旋門、実物を見学して感激しましたよ。
2000年近く前の建造物を、こうやって見られるなんて、
その間、ひどい地震とか、なかったのかしら。

037.jpg

それから、また移動して、トレビの泉へ。
グレゴリーペックとオードリーヘップバーンの姿が重なり合いました。

また、大好きなパパと来ることができるように、
二人揃って後ろ向いて、コイン、投げましたよ。

コイン一枚で、再び、ローマにくることができる。
コイン二枚では、大好きな人と、永遠に一緒にいることができる。
そして、三枚では、夫や妻と、別れることができるのだそうです。
ふふ、最後の、変ですよね。

あっ、Nさんたちご夫婦も、泉の向こう側で、
ひとつのジェラード、仲良く舐めあいながら、コインを投げてるわ。

やだぁ、だんな様の手から、三枚目のコインが。
奥様と別れて、どうするつもりなんでしょうか。

054.jpg




関連記事
17:05  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |