FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

佐渡の夏休み2

2016.11.14 (Mon)


初日の午後は、海水浴場に行きましたよ。
交通の便が悪くて、人が少ないですから、レンタカーがあるならって、
ホテルの方に紹介されて、
確か、城が浜海水浴場って言うところだったと思います。

detail0411_k04.jpg

隣の施設の簡単な脱衣場で着替え。
桃子と旅行前に買った水着、ちょうど、ハイレグが流行っていたので、
恥ずかしかったけど、それにしてみたんです。
でも、上も下も、思った以上に小さくて、おっぱい、はみ出しそうだったし、
それに、この時が初めてだったと思います。レデイシェーバーを使って、処理したの。

de290203.jpg

そんな水着姿、二人に見られるのが恥ずかしくて、慌てて、海に入りましたが、
気温が高くて、海水驚くほど澄んでいたし、
皆の上には、澄み渡った、青い夏の空、本当に、いい気持ちでした。

「高校生のくせに、すごいんだね。おっぱい」
「駄目よ、そんなこと言ったら、順子、まだ、ネンネなんだから」

string_bikini_5118-037s.jpg

恥ずかしくて、慌てて両手で胸元、隠しましたが、
その後、四人で遊んだ浜辺でのビーチボール、
水着のブラ越しに、たぷたぷと揺れる胸の膨らみ見せてしまったの、
もう、仕方ないですよね。

string_bikini_5118-017s.jpg

ホテルに帰って、海の見える大浴場に、桃子と行きました。
夏休みの時期でしたが、二人だけで、ゆっくりできましたよ。

c02d69a6d20a7042d3953b20859ed8be-630x945.jpg


「ごめんね、順子、無理させちゃって」
「そんなことないわよ。楽しかったわ。本当よ」
「だったらいいけど、えーと、順子、言いにくいんだけど、
あなた、まだ、経験ないんでしょ。男の人と」
「えっ! うん、そうなんだけど」
「大丈夫よ。彼、きっと、優しくしてくれるから」

そう言った桃子、少し曇った窓から見える、茜色に染まりだした穏やかな夕暮れの海原に、
驚いた私から、ゆっくりと、視線、移したのでした。

お風呂から戻ると、お部屋には、佐渡の美味しいお料理が並んでました。
海産物は、私の街も、自慢できますけど、やっぱり、佐渡のも、まぁ、すごいわぁ。

Y379565029.jpg

「浴衣姿、そそられるよね」
「あぁ、二人とも、お風呂上りで、綺麗だね。もぅ、本当に高校生?」

そんなふうにおどけながら、私たちのコップにビール注いだんです。
やだぁ、私たち、まだ、未成年なのに。
叔父さんの晩酌に、時々付き合って、ビールの美味しさ知ってましたが、
それでも、注がれるがままに、何杯も飲んじゃって、
桃子も私も、いい気分になってしまいました。


先に一人で、お部屋に戻ると、あぁ、酔っぱらっちゃったわって、
ベッドに、ごろんって、横になったんです。

waki014.jpg

私、今夜ここで、男の人、経験するのかなぁって、そう、思いながら、
酔いのために、ぼんやりした眼差しで、天井を見上げていました。

今朝、逢ったばかりの、
素敵だけど、ほとんど、何も知らない男の人のもの、初めての身体に迎えるのかしら、
優しくしてくれるかなぁ、ちゃんと、できるのかなぁって、
女として、男の人に、自分の身体、喜んでもらえるのかなぁって、
やっぱり、ひどく、不安だったの覚えています。

ボーイフレンドのもの、何度か見たことがありました。
怒ったような、おっきな男の人のもの、
私の、ちいさなものに、とても、入るはずないって思いもしてました。

けれど、肩を抱きしめられて、逃げられないようにされて、
そんな風に思っていた、大きなものが、少しずつ、自分の身体を広げながら、
だんだんと奥に、入り込んできたんです。

歯を食いしばって、しっかりと目を閉じて、
ただ、彼の背中に、噛り付くしかなかったし、
言われるがままに、彼の逞しい腰に太ももを絡ませ、
できるだけ深く、奥に迎え入れられるように、身体を開いていたのでした。

あぁ、とうとう、男の人、経験したんだわ。
そう、思うと、やっぱり、うっすらと、涙が溢れてきているのを、感じていました。

images (1)




関連記事
15:44  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。