FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

稲佐山からの夜景2

2016.11.07 (Mon)


「さぁ、ここですよ」

そう、言いながら、私の手を取ってタクシーを降りたのは、
長崎駅のすぐ横にある、背の高い、立派なホテル。
ちょっと、驚いて、彼のこと、振り向くと、

TI_650705_20130806104018000.jpg

「残念ながら、バーは二階だから、夜景は、さっきほどじゃないけど、雰囲気は悪くないよ。
 それに、僕に任せてくれるって、言ってくれたよね」

そう言うと、少し慌てていたと思う私の手を、ちょっと、強引に取ると、
エントランスに誘ったのでした。

000.jpg

「月の光」って、ありきたりなお店の名前だったけど、
彼が言ったように、素敵な雰囲気でした。

彼に勧められて、ジンベースのカクテルを頂いたのが、間違いだったのかしら、
随分と、自分が酔っているのがわかりました。

slide-main-img_001.jpg

「こうして、今夜、君に逢えて良かった」
「えぇ、私も、楽しかったです」
「でも、本当に綺麗だよね。それに、上品だ。
この店に来るまでに、何人もの人が振り返って君のこと見てたよ。
きっと、女優さんかなんかと、間違ったのかもしれないね」

私、うつむいて、小さく、髪を揺らしましたよ。

「申し分のないスタイルなのに、胸元は、驚くほど豊かだし」
「駄目ですよ、そんなこと、言ったら」
「あのブログのお陰で、
君の、そのドレスの下に隠れている素敵な胸、見ることができるんだね」

big_boobs_5312-025s.jpg

ブログには、私の胸、何も身に着けていない身体、
そして、主人との営みの写真がUPしてあります。
知らないうちに、主人が貼りだしたものなんですけど、
仕方ないのかなぁって、そのままにしてあるんですよ。

missionary_position_5262-049s.jpg

「だんな様は、幸せだよね、その身体、好きにできるんだから」
「分からないわ、幸せなのかどうか、だって」
「だって、そんな君を、他の男に抱かせているんだから」
「あぁ」

ブログ、熱心に読んでいただいている彼、
これまでの、私のことの、一部始終は、知っているんだから、
目を伏せて、聞こえないふりをして、甘い溜息をつくしかなかったんです。

二杯目のカクテルが、運ばれてきました。
展望台と、このお店と、いつも以上に、お酒、飲んでいるのがわかりました。
身体の芯から、赤い熱いものが沸き上がってきて、
きっと、とろんってした、眼差しだったのだろうと思います。

二階のバーではありましたが、
長崎市内のビルの間から、先ほどと同じような、色とりどりの街の灯が、
そんな、眼差しの向こう側に、揺れながら見えていました。

20150115105708.jpg




なぜ、彼が、そうしたのか、わかりません。

永い時間、本当に、私のこと、優しく抱いていてくれていたと思ったのに、
唸るような、低い声を聞かせながら、
それまで、私の身体の奥を味わっていた男の人のもの、急に引き抜くと、
慌てるようにして、私の胸元にまたがってきたんです。
そして、本当は、私の中に、そのまま、注ぎ入れたかったはずの、自分の男の人の液、
私のあご先に、頬に、そして、口元に、振り撒いたのでした。

gansha_4373-069s.jpg

私の身体の奥で、それまで以上に、太く固くなった彼の男の人のものの、
跳ね上がるような動きに誘われて、
何度目かの強烈な悦びの頂に、昇り詰めさせられていた私、
自分では、どうしようもない、身体を走る強い麻痺に襲われながら、
その、驚くほどたくさんの、熱い、飛沫を、顔に、浴びせられ続けられたのでした。

二度、三度、それは続いたように、思えます。
温かく、強い匂いの彼の液、まぶたの窪みや、髪にまで届いていることが、
恥ずかしい細い声を漏らし、悦びの余韻に浸るまでの僅かの間に察せられ、
注がれ続けられた、その量に、呆然とするしかなかったのです。

gansha_4373-087s.jpg

名残の白い液を滴らせた、初めといくらも変わらない彼のもの、
私の乳房に擦り付けられ、谷間とふくらみを幾度となくなくなぞり、
固く尖ってしまっていた乳首を、何度も突きながら、
時折、残っていたかたまりのような液を流し、私の身体を、濡らし続けたのです。

bukkake-2129-07s.jpg

青い匂いが部屋中に、漂っていたと思います。
短くはなかった時間のお陰で、
やっと、喘ぎが治まりかけた私の顔に、彼の、両手が触れると、
その広い手のひらで、今しがた、振りまいた、自分のしるしの液を、
私の肩口や、乳房に塗り付けたのでした。

おびただしい液が、頬や唇を流れているのが分かりましたが、
彼が満足してくれるまで、目を閉じて待つしかないと思った私でした。
けれど、幾らもしないうちに、
くちびるにやわらかいものが、触れてくれるのが感じられました。

fellatio_4759-121s.jpg

そして、それは、疑いのない、男の人のものであることが察せられ、
言われもしないのに、私、うっすらとくちびるを開き、
差し入れられてきた、彼のもの、お口の奥にまで、咥え込んでしまったのです。





関連記事
15:44  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。