FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

地中海での過ち10 夫への愛情

2016.11.03 (Thu)


ベッドから降りただんな様、バスローブだけをまとい、
ゆっくりと、ドアに向かいました。

慌てた私、下着を拾うと、
椅子の上に置かれていた、ハンドバッグに押し込み、
裸の身体に、カクテルドレス、被るようにして、羽織ると、
丁度、目の前にあった鏡で、髪を直しました。
あぁ、お化粧、すっかり、取れてしまってるわ。

1640-690x500.jpg

ドアが開くと、支えられるように、
主人と腕を組んだ奥様が入ってきて、バルコニーに続くガラスドア、
大きく開くと、ひとつ、大きな息を吐いたのでした。

お部屋の中に、いろいろな匂いが、漂っていたのでしょうね。
私、申し訳なくて、顔、あげられませんでした。

そして、主人に、腕を誘われると、
それぞれが、挨拶らしい、挨拶もしないまま、おいとましたのでした。

ヘブンのエリアから、一般の客室まで、
本当は、それほどではなかったはずなのに、
今夜の私にとっては、どうしようもなく、遠く感じるしかありませんでした。

045.jpg

船上では、オールナイトで楽しむ方も多くらしくて、
カーペット敷きの狭い廊下や階段では、
何組もの着飾った外人さんとすれ違いましたが、
薄紫のカクテルドレスを着た日本人の私、
それに、慌ててたから、ブラも着けてないたわわに揺れる胸元、
やっぱり、ひどく、目立ったのは、間違いありませんでした。

big_boobs_5312-025s.jpg

でも、まさか、そんな着飾った私が、
今しがた注がれた、夫ではない男の人の精液、身体の奥に満たしているなんて、
誰も、思うはずもなかったと思います。

d0f5c9dc-s.jpg

やっと着いた、自分たちのお部屋。
後ろ手に、ドアが閉められると、案の定、抱きすくめられました。
それは、乱暴だとも思えるほど、いつになく、強い力だったんです。

そして、幾らか乱れながら近づいてきた息遣いを感じると、
むしろ、私の方から、ぶつけるように、そのくちびるをねだったのでした。

a6dd3de1-s.jpg

胸が張り裂けそうに、
急激に高まってきた夫へのまぎれもない強い愛情。

まぎれもない大好きな夫に舌先を吸われながら、
けれど、その大切な夫だけのものであるはずの私の身体の、
最も女らしい、夫だけのものであるはずの私の秘唇から、
その奥を満たしていた、夫ではない、だんな様のおびただしい、
男の人の粘り気の強い白い精液。

とうとう収めきれないで、
つーぅって、太ももを、伝い流れたの、感じてしまっていたのでした。

0a5cf6de-s.jpg


関連記事
10:03  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |