FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

地中海での過ち8 名残の液

2016.11.01 (Tue)


豊かな胸を震わせながらも、恥ずかしい喘ぎがやっと治まろうとすると、
繋がり続けていた、私の秘唇から、
初めにお口に含んだ時と同じように、
固さを失わないだんな様の男の人のもの、
ぞろりと抜き出されました。

「あっ」

そう、私が小さな声をあげたのは、うっすらと開いていただろう女のくちびるから、
どろりとした男の人のしるしが、流れ伝ったのを感じたからです。

d0f5c9dc-s.jpg

夫以外には、絶対に知られたくな肉壺の奥に、
まぎれもなく二度、
だんな様の男の人のしるしである、おびただしい精液を注ぎこまれ、
数え切れないほどの悦びの頂に、昇り詰めていました。

seijyoui_4438-177s.jpg

だんな様、そのまま、私の胸元に、そっと、またがると、
まだ、名残の精液を滴らせている男の人のものの先を、
白い乳房のふくらみに押し当て、ゆっくりと、その柔らかさを楽しんだんです。

背徳の時間に誘い、熟れた自分の身体と繋がって、
数え切れない悦びを味合わせてくれた、
そんな、だんな様のもの、
女として、やっぱりいとおしかったのでしょうか、
私、豊かな双胸の間に挟みこむようにすると、
時折、その先から、ぷるんとにじみ出る白い液を塗り付けて、
ゆっくりと、動かしてしまっていたのでした。

bukkake-2129-36s.jpg

「あぁ、いいよ。そうしてくれると」

そう言ってくれただんな様に、もっと、喜んでもらいたくて、
言われもしないのに、私、その、固さを失わない男の人のもの、
そっと、頬擦りして、何度か摩ると、ゆっくりと、お口に含んだんです。

cum_eating_4549-079s.jpg

私の身体の中に、二度、男の人のしるし、注いだはずなのに、
お口の中のそれは、それまで以上に、固く、太くなった気がしました。

ベットの宮台に両手をついて、
ゆっくりとした腰のうごきで、私のお口を犯し続けただんな様のもの、
時折、びくっびくっ引きつかせながら、どろりと流し込んできた名残の液を、
私、嫌がりもしないで、音を立てながら、懸命に、啜り飲んでいたのです。

cum_eating_4549-082s.jpg



関連記事
10:54  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME |