FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

地中海での思い出5 チークタイム

2016.11.30 (Wed)


ワルツの曲に比べれば、当然のように、
密着した身体の重なりと手の位置が許されるチークダンスの曲でしたが、
それまで、腰に回されていただんな様の手のひら、
うっすらと落とされたホールの淡い光と、
周りで踊る、背の高い外人さんたちの姿に助けられるようにして、
私の、薄いドレスの胸元に、這い上がってきたのです。

1879-22s.jpg

広く開いた胸もとのために、ワイヤーレスの薄いブラだったのが、
だんな様には、好都合だったのでしょうね。

下から、揉み上げるように這い上がってきた手のひら、
存分に、私の右の乳房の柔らかさを楽しむと、
その手のひらの動きに、嬉々として応えるようにして、
乳首、きゅんって、硬くとがったのが、分かったのでした。

141004-03-06-600x450.jpg

身体に湧きだした、桃色の広がりに、身体、思わず、くねらせましたが、
そんな私のこと、助けてくれるはずの主人、
あらっ、どこにいっちゃったんだろう、
さっき、奥様といたテーブル、誰も、座ってなかったんですよ。

素敵なチークダンスの曲にのって、
二人の身体、重なり合うようにして、揺れ続けていましたが、
周りの皆さんも、当たり前のように、仲良くされていたんです。

20100512_726505.jpg

お互いの両手が、相手の腰に回され、
擦り付けるようにして、腰が揺れてて、
私、思い出してはいけない、
だんな様の、あの夜と同じ、懐かしい良い匂いのする広い胸に、
そっと、頬、預けるしかなかったのでした。

98ea201efd4d6bc97752cf563c4cd575.jpg

「今夜も、いいだろう。この間みたいに」

そう、響いた低い声。
でも、今夜は、主人との、本当の夫婦の時間を過ごしたかった気持ちが、
勝っていたのでしょうね。

「ごめんなさい」

そう言って、だんな様の、名残惜しそうな両手から、上手にすり抜けたのでした。

お部屋に戻って、パパ、いるのかしら。
まさか、奥様と、一緒じゃないのかしら。

入り乱れる気持ちのまま、酔いを醒ますため、甲板に続くドアを開いたんです。
船内には、素敵な喫煙室があるらしいんですが、ここで過ごされるお客様もいるみたい。
夜の海原の、黒とうとうたる闇が続いていました。

さっきまで、だんな様の手のひらが、いいように這い回っていた胸元のしわを、
他の人に気づかれないように、そっと、直しましたが、
その時の、手のひらの温かさを忘れるように、ひとつ、小さな息を吐いたのです。

see423.jpg


関連記事
16:58  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME |  NEXT