FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海での過ち5 大丈夫な時

2016.10.28 (Fri)


それまで知らなかったような、身体の奥のさらに深いところの肉壁を、
無理やり押し開いてくる快感に、
細い声をあげて、胸元を仰け反らせましたが、
自分のもの、根元まで、すっかり受け入れて悶える私の身体を、
満足そうに見下ろしながら、だんな様、こう言ったんです。

missionary_position_5262-049s.jpg

「ほら、僕のこと、しっかり見るんだよ」

そう言われて私、涙に濡れたまぶたを、そっと、開くと、
今、自分の身体と、まぎれもなく繋がっている男の人が、
間違いなく、大好きな夫ではないことを、しっかりと分からせられたのでした。

隔たりさえないと思えるように、夫婦ではない、二人の裸の肌が、しっかりと重なり合い、
自分の濡れた肉壁が絡みついている、夫ではない、だんな様の熱い男の人のものが、
ひくっ ひくっって、脈打つのが分かり、
その度に、それに応えるようにして、
どうしようもなく身体、いやらしく悶えたんです。

抱きしめられ、腰を押し付けられ、男の人のもの、しっかりと迎え入れ、
もう、それだけで、気を失いそうでした。
そして、だんな様の腰、いくらも、動いてもいないというのに、
もう、私、悦びの時に向かう淡い予感が、
あっという間に、私を襲い始めていたのです。

sex_5165-050s.jpg

大好きな夫との、くったくのない、楽しい旅行のはずでした。

Nさんとのことは、少しは心配してたけど、
まさか、本当に、こんなことになってしまうだなんて。

ゆるやかな、それでいて、深い快感へいざなう、
だんな様の巧みな腰の動きに素直に応える女の身体。

人妻であること、夫とのこと、そんなことから解き離され、
ただ、男の人としっかりと繋がり、突き動かされている一人の女として、
自分の身体が求める、人妻として迎えてはならない、背徳の悦びの頂に向かって、
諦めるようにして、桃色の喘ぎ声、漏らしてしまっていたのでした。

「感じやすい身体なんだね、それに、ほら、こんなに僕のもの、締め付けてくれてる」

missionary_position_5262-040s.jpg

こころは望んではいなかった、けれど、女としての身体が求めた悦びの瞬間、
跳ね上げるように、腰を浮かしてしまったことに驚きながら、
強い悦びの余韻の中に、だんな様の低い声が聞こえると、
薄く開かれたくちびるに、ぞろり滑り込んできた濡れた舌先、
慌てるようにして、絡め吸い付いていたのでした。

berochu_5205-018s.jpg




しっとりとした幾らかの汗と、恥ずかしい愛液に濡れたシーツに、
深いしわができていました。

その上質な寝具の上で、数えられないほどの悦びに誘われた裸体、
隠すこともできずに、ぐったりと開き、
時折、身体の芯を走る、自分ではどうしようもない麻痺と、
息の止まりそうな喘ぎに、身体を震わせるしかありませんでした。

berochu_5205-065s.jpg

「思っていたとおりの、素敵な身体だったよ。今夜は、寝かせないからね」

そう言うと彼、しっかりと繋がったままだった身体、また、ゆっくりと動かし始め、
治まりかけた恥ずかしい喘ぎの声が、我慢できずに口元から漏れ出し、
あっという間に、悦びの頂に、またも、襲われようとしたのです。

肩口を抱きしめられ、腰だけが、いやらしい動きを続けると、
もう、既に、何度も犯し続けた私の濡れ切った肉壺を、
あらためて、味わい始めていたんでした。

berochu_5205-052s.jpg

「大丈夫な時なんだろ」

突き動かされながら、うっすらと涙を滲ませたうつろな目を開きました。

えっ、それって、注がれてはならない、だんな様の男の人の液、
このまま、私の身体の奥に、出されてしまうってこと!

髪を揺らして抗い、

「いやっ、それだけはかんにんして」

そう言ったのに、私の言葉、聞こえないようにして、
当たり前のように、ねっとりと、くちびるを求めてくると、
だんな様の腰、それまで以上に、いやらしく、強く、突き入れられだしたのでした。





関連記事
15:37  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(9)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。