FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海での過ち4 その時

2016.10.26 (Wed)


夫はどうしているんだろう。
「誰もこないよ、今夜は」 そう言った言葉が、頭をよぎりました。

どうして、自分の妻が、こうして、自分ではない男の人のもの、
受け入れさせられようとしているのに、
どうして、大好きな夫は、助けにきてくれないのかしら。

まさか、奥様と、同じようなことを?

missionary_position_5262-040s.jpg

そう思った時に、
さっきまで、自分のお口の中で、跳ねるように大きくなっていた、男の人のもの、
その時以上に熱く太くなって、
喘ぎながら、両手で顔を覆った私の、
うっすらと開きだしていただろう秘唇の溝に触れると、
その時のために、お互いのものがおびただしく滲ませた愛液にまみれながら、
ゆっくりと、動き出したのでした。

sex_5165-050s.jpg

「いやっ! かんにんして」
「君の身体も欲しがっているよ、ほら、こんなに濡らしてるじゃないか」

あぁ、それって、旅行の始めての夜の、
だんな様に抱かれた、恥ずかしい夢の中での言葉と、
そう、なぜだか、同じだったんです。

そんなこと、おぼろげに思い出した時、
何度か、濡れた溝を摩っていた、男の人の、一番太い先が、
ゆっくりと、私の秘唇を、押し開き始めたのです。

身体をひねり、逞しい胸に両手を当て、僅かに抗いながらも、
もう、どうしようもない、恐ろしいその瞬間が訪れることを、
諦めるしかなかったのでした。

sex_4610-030s.jpg

だんな様の男の人のもの、さっき、お口の中に含み、舌を絡みつかせたときから、
それが、これまでの、男の人の営みの中では、
経験のないほど、大きかったこと、知らされてました。

その、一番太い、おっきなものの先が、
濡れそぼっているはずの、私の秘唇、きしませるようにして、
あぁ、とうとう、奥にまで、押し入れられてきたのです。

missionary_position_5262-049s.jpg


関連記事
20:28  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。