FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海での過ち3 お口

2016.10.24 (Mon)


女の人には分かると思うんですけど、
おっきっくなった男の人のもの、お口に咥えるって、
普通に身体の奥で迎えるときと同じように、ひどく、感じますよね。

c83f259bdde850c5d738542ecc11b473-630x472.jpg

それって、大好きな人に、
自分の身体が求められているっていう満足感に満たされるからでしょうか。

それだけで、ひどく感じて、すっかり、迎え入れる準備を終えることがあるし、
時には、くちびるだけで、短い悦びに昇り詰めることさえあるんです。

ゆっくりとした動き、だんだんと早くなり、
男の人の、太い先が、喉のひどく奥にまで、突き入れられ、
時々、もどしそうになりました。

だんな様の、筋肉質のお腹に両手を当てて、
その動き、止めようとしたんですけど、
そんな私の苦しそうの悶える様子、もしかしたら、喜んでいたのかもしれませんね。

6425d3ea-s.jpg

それに、そうやって突かれているうちに、
反応してしまった女としての身体。

お口の中を動く、その熱く硬いものに、
舌先を絡めるようにしてしまっていたし、
いつの間にか両手、だんな様の、逞しいお尻に回して、
迎え入れるように、動かしてたんです。

150109a_as036tn.jpg

「一度、飲んでくれるかい」
少しだけ荒くした息遣いの中で、だんな様の言った言葉に、
私、慌てて、髪を振りました。

「主人たら、あなたに飲ませたいって、自分の。
だって、あなたの名前言いながら、出したのよ それも、いっぱい」

飛行機の中で聞かされた、奥様の言葉を、一瞬思い出したんです。

tachibana_miori_4716-013s.jpg

そんな、うろたえた表情を見ただんな様、
一度、私の腰に両手を当てて、ベッドの真ん中に、身体、ずらしたんです。

sex_5165-158s.jpg

逞しい裸の身体が被さってきて、いくらか汗に濡れた熱い肌が触れ合いました。

あぁ、これからは、夫だけのための、身体でいたいって、
初詣でもお祈りしたし、今年これまでは、心配することなにもなかったのに。

けれど、だんな様の両手が、私の膝の裏側に当てられ、
ゆっくりと、太ももが開かれました。

主人以外には、見せてはいけない、人妻として、最も秘密な濡れた部分が、
何もさえぎるものもなく、他人であるだんな様の視線の下に開かれたんです。

sex_4610-030s.jpg
関連記事
16:19  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。