FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

地中海での過ち2 カクテルドレス

2016.10.21 (Fri)


後ろから、身体を寄せられ抱きしめられてました。
細い桃色の喘ぎが漏れる、唾液の引いたくちびるが、そっと離れると、
後ろから回された手のひらが、私の、カクテルドレスの胸元を開き、
素肌とブラの間から手のひら、滑るように差し込まれてきたんです。

650f9994-s.jpg

「あぁ、綺麗なもち肌の胸なんだ、乳首も、まるで、処女のようだし」

乳房を持ち上げるように、柔らかな肌を揉み上げると、
けれど、そう言われて、摘ままれた桜色の乳首、その声に応えるように、
きゅんって、固く尖ったのが、自分でもわかり、
その快感のままに、
「あぁん」って、驚くほど甘い声、だんな様に聞かせてしまっていたのでした。

nipple_5341-002s.jpg

「ダメですよ、二人、戻ってくるわ」

胸元の差し込まれた手のひらに、自分の手を重ね、
身体を悶えさせて、やっと、そう、言ったのに、
いつの間にか、カクテルドレスの、背中のフックを外し終えていただんな様、
なぜだか、そっと、

「誰もこないよ、今夜は」 

そう、言ったのでした。

ca71dca0-s.jpg

脱がされた薄紫の薄いカクテルドレスが、猫足の上質な椅子の背もたれに掛けられ、
この旅行のために買った、ブラとショーツ、お揃いの黒の下着が、
だらしなく絨毯の上に、脱ぎ捨てられていました。

OPAQUEランジェリー (2)

私たちの部屋のものより、一回りは広いダブルベッドの上で、
何も身に着けていないまま、寝かされてしまっている私。

その、広がった白い太ももの付け根で、
だんな様のくちびるが、ぴちゃぴちゃと、居たたまれない、濡れた音を立てていたのです。

そして、その音に絡み合うようにして、
私の、細い、恥ずかしい声と、濃い女の蜜の匂いが、
うっすらとした部屋の中に、漂っていたのでした。

kn523.jpg

女性の身体の扱い、知り尽くしているだろう、だんな様が、
その巧みな動きの舌先と指先を使って、私を、悦びの頂に導くのは、
他愛ないことだったのでしょう。

ほんの僅かな間に、彼のおもむくがままに、
彼のいやらしく見下ろす目の前に、
私、強い悦びの頂に、あえなく仰け反ってしまった裸体、見せていたのです。

02047.jpg

激しい喘ぎに、胸を揺らしていた、私の頬に、
濡れた熱いものが触れ、くちびるをなぞりだしたこと、わかりました。

人妻として、夫との、そして、夫以外の男の人との営みの経験から、
男の人が、今、何を望んでいるのかは、分からないはずはありませんでした。

二つ目の枕を頭の後ろにあてがわれ、くちびると腰の高さを調整させられると、
目の前には、だんな様の、恐ろしいほど大きくした男の人のもの、
その先に、透明な液、だらだらと滴らせながら、
私のくちびるを狙ったようにして、近づいてきたのです。

6425d3ea-s.jpg

頬を横に向けて、もちろん、抗いましたよ。
けれど、あご先に手を添えら、その、驚くほど熱く濡れたものの先で、
くちびるをゆっくりとなぞられたその感触に、
敢え無く、くちびると開き、とても、入りそうもなかった大きなそれ、
お口の中に、迎え入れてしまったのです。

c83f259bdde850c5d738542ecc11b473-630x472.jpg

「可愛らしい、小さな君の口が、いやらしい僕のもの、咥えてるんだ」
そう、満足したようにつぶやいただんな様、
私の口の中の温かさを楽しむように、ゆっくりと、腰、突き動かし始めたのでした。

0c01c450-s.jpg

関連記事
16:28  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |