FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

里子さんとの夜3

2016.10.14 (Fri)


小さな寝息が、いつもは夫がいる、隣のベッドから聞こえていました。
厚めのカーテンでしたが、少しだけ開いたレースの向こうに、
僅かに覗く鉛色の空からは、今日も、晴天は望めないように、思えたんです。

ブラも着けないで、黒いショーツ姿の里子さんに、
そっと、声をかけようとして、身体を起こしたのですが、
サイドテーブルの上に、置かれたものを見つけて、
あっ て、声が出そうになりました。

「今夜は、寝かせないわよ」

それは、そう掠れた声で言って、私の濡れそぼった秘唇を二本の指先で開きながら、
ゆっくりと、押し込んできたものだったのです。

orgabig7.jpg

何年か前、クリスマスプレゼントでパパからもらった欲しかったバッグ、
けれど、その中に、隠すように入っていたのは、
えーと、オルガなんとかっていう、少し変わった形をした、
いわゆる、大人のおもちゃといわれるものだったのでした。

05191257_4dd4952af323e.jpg

その時のお話は、こちらからどうぞ ↓

おもちゃ箱

恥ずかしいけど、しばらく、使いましたよ。

大好きなパパの男の人のもの、お口の奥にまで突き入れられながら、
同時に、濡らした秘唇に、それ、入れられて、
女の快感を、強引に引きずり出すような動きに狂ったこともあったし、
パパの都合で一人だけの夜に使って、
大きな声をあげながら、仰け反りながら悦びに導かれたこともあったんです。

imagesCAY26ESW.jpg

Tさんの別荘に、皆で行く前に、
ブログに載ってたおもちゃ、持って来てって里子さんから電話があって、
そのまま、あげちゃったんです。

でも、昨日の夜には気が付かなかったけど、
今、置いてあるのは、私があげたのと、色が違うみだし、
なんだか、形も同じではないように思えました。

imagesCA0GZ9GW.jpg

けれど、里子さんにくちびるを吸われ、乳首を摘ままれながら、
そして、細かな麻痺のおさまらない秘唇に、望んでもいないそれ、奥にまで押し入れられ、
里子さんが望むままに、数えきれないほどの悦びに震える女体、
彼女の前で、何度も見せたのでした。

たった今、これ書いてたら、
地中海旅行でご一緒した、神戸のNさんから、お電話がありました。

都合の良い週末にでも、神戸に来ないかって、
ご主人には、お許しを頂いているし、ゆっくり、泊まる予定でおいでって。

もちろん、言葉を濁しましたが、
もしかしたら、いつか、そんな時間、訪れる時が来るのかもしれませんね。

missionary_position_5262-049s.jpg

ごめんなさいね、お話の途中でした。

「寝坊しちゃったわ」

固くなった乳首を浮き上がらせた白く薄いTシャツと、黒いショーツ姿の里子さん、
伸びをしながら、二階から降りてきたんです。

私、先に作っておいたサラダ、テーブルに運ぶと、
里子さんの目を見ることできないまま、フライパンに卵、落としたのでした。

images.jpg

「ごめんね」
「もう、ひどいわ、あんなに」
「仕方ないの、綺麗な人見ると、あんなになっちゃうのよ」
「でも」

カリカリに焼いたベーコン、小さく切りっていたナイフを止めて、
私、うつむいて、そう言うしかなかったのです。

enq_medamayaki.jpg

それでも、顔をあげて、笑顔で里子さんのこと、見ましたよ。

でも、少しとろける卵の黄身を滴らせている彼女のくちびる、
あぁ、あのくちびるに、恥ずかしい自分の最も女らしいひだを吸われ、
愛液を啜られたこと思い浮かべて、
身体の芯に、どうしようもない、うずき、蘇らせてしまったのでした。

「本当に、雨が続くわね」
「えぇ、こんな日ばかりだと、なんだか、気が晴れないわ」

そう言って、二人で見た鉛色の空。
でも、思いもかけない夜を過ごした私にとって、
もしかして、ふさわしい朝だったのかもしれませんね。

r_023.jpg


関連記事
18:58  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |