FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

地中海旅行10 虜

2016.10.02 (Sun)


ヴェスヴィオ山を遠くに眺めながら、ローマに向かいましたが、

だんな様にいたづらされながらも、いろいろなお話をしました。


01611.jpg 

 

中学時代からテニスをやっていることや、お仕事のこと、

永くヨーロッパの支店に勤めていらっしゃったときのこと、

優秀な方であることは、初めてお逢いしたときから分かってましたが、

ユーモアのセンスもあって、楽しい時間でした。

 

ロマンスグレーで、余分なお肉が感じられない、スマートな体格。

耳元に響く低い声に、酔いのせいもあったのでしょうね、

スカートの端から忍び込んできた手のひらに、

ストッキングを履いていない素肌の太ももを撫ぜられながら、

いつのまにか、ちょっと、うっとりとしてしまっていたのです。


maxresdefault.jpg 

 

クルーズ説明会の日、誘われた食事の後、

初めてお逢いした夜だというのに、美しい神戸の瞬きを眺めならが、

素肌の乳房をゆっくりと揉まれたし、危うく、くちびる奪われるところでした、

 

e523568a-s.jpg 


久しぶりに再会した飛行機の中では、

私の名前を呼びながら、男の人の大切な液、奥様のお口に、注いだことも聞いたんです。


miyuki_sakura_4761-012s.jpg 

 

それから、クルーズ最初の夜の、私を愛人にしたいと言った恥ずかしい夢、

それも、大好きな夫が、すぐ隣で寝ていたというのに。

 

07562142-s.jpg 


そして、昨日ジャグジーの泡に包まれて、思うがままに彼の二本の指先が、

私の、最も女性らしい恥唇を開き、挿し入れられ、広がり、

思いもかけず、鋭い悦びに身体を震わせたのでした。


150110e_0008-580x386.jpg 


それらのいつくかは、その時、私が強く拒んだら、

そうはならなかったことだったのに。

 

でも、それって、もしかしたら、

私自身が気づかないうちに、少しずつ、けれど、確実に、

いつのまにか、彼の魅力の虜にさせられ、

求められるがままに、染めまり始めていたからなのでしょうか。

ごめんなさい。そんな私のこと、パパ、許してくれるのかなぁ。

 

昨日の夜は中華料理「上海’sヌードルバー」に行ってみました。

旅行終わりまで、とうとう、行けなかったお店もあるほど、沢山あるレストラン。

料金は全て旅行代金に含まれていて、

どのお店で食事しても、支払いやチップの心配はありません。

本格的な中華料理と紹興酒を楽しみましけど、えぇ、美味しかったですよ。

 

059.jpg 


今夜は、Nさんたちご夫婦に、

「ヘブン」エリアのレストランに連れて行ってもらうお約束したんですよ。

楽しみだわ。


128.jpg 

 

関連記事
15:08  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(13)
 | HOME |