FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海での過ち6 白い液

2016.10.30 (Sun)


「なんて、締まるんだ。我慢できない」

ほんの僅かな時間のうちに、それまでには聞かなかった、
慌てたようなだんな様の、裏返った熱い声、耳元で聞かせられると、
乳房に触れるほど、太ももを深く折り曲げられ、
逞しい腰で、今まで、その腰に絡んでいた、白い足の付け根を、もう一度開くと、
上から落としてくるように、強く、押し付けてきたのです。

221-600x449.jpg

乱暴とさえ思えるほどの動きに、
そうでなくても、桃色の頂に上り詰める寸前だった私。

今、だんな様の熱く、太い、男の人のもの、
しっかりと埋め込まれている濡れた蜜壺の、
これまでは知らなかったと思える深い奥の肉壁に、
あぁ、どくどくって、驚くほど強く、そして、驚くほどたくさん。

berochu_5205-064s.jpg

人妻として、求めてはいけない、粘り気のある、夫ではない男の人のしるし、
あぁ、とうとう、たっぷりと、注がれ始めたことが分かり、
その白い液の温かさに誘われるようにして、
目の眩むような悦びの頂に上り詰めていたのでした。

sex_5165-050s.jpg

関連記事
10:16  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。