FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海旅行8 バルコニー2

2016.09.26 (Mon)


自分でも驚くほどあっという間に、

大好きな主人を迎える準備を終えた私の身体。

じわっと、潤みだしていた秘唇を、

ゆっくりと押し開きだしたパパの熱いもの、私の方が早く欲しくて、

椅子の背もたれを握り締めながら、

自分から太もも、開いてしまったのでした。


24135-690x900.jpg 

 

パパ、後ろから回した両手で、大好きな私の乳房、

ちょっと、乱暴に揉み上げながら、

熱いあえぎ声の中で、こう、言ったんです。

 

「触られたの?」

応えられないままの私に、追い討ちをかけるように、

「良かったのかい」


178338f4-s.jpg 

 

どこからか人に見られるかもしれない、

隣の新婚さんたちに知られてしまうかもしれない。

そんなことに、異常に興奮してしまったのは、

髪を振り乱し、くちびるをかみ締めて、

恥ずかしい声を我慢した私だけではなかったのでしょうね。

 

「ごめんなさい」

やっと、かすれるような私の声に、パパ、

乳房を包んでいた両手に、それまでになかった力が加わったことが、

感じられました。


9708b51b-s.jpg 

 

いつになく、あっという間に、突き上げるように腰を入れてきた主人、

「あぁ、なんて、しまるんだ」

それと同時に、身体の奥に、欲しくて堪らなかった温かいもの、

溢れるほどに注いだのです。

 

荒い喘ぎの中、身体を繋ぎあったまま、

バルコニーの椅子の背もたれに両手を着いて、

地中海の穏やかな波間を、放心したように眺めていました。


でも、夫のかたまりのような温かいものが、太ももを流れ伝うのを感じながら、

目の前に浮かんでいたのは、ジャグジーで肌を寄せ合い、

そして、私のことを、強い悦びの頂に誘った、

そう、だんな様の、嫌らしい指先と、満足したような笑顔だったのです。


 4b875e6c-s (1)


大切な名残の白い液を滴らせる熱い夫のもの、

言われもしないのにひざまずいて頬ずりすると、

慌てるようにしてお口に含み、

一生懸命くちびるを絡ませながら、強く吸いたてました。


 01668.jpg


気持ちがよかったのでしょうね。パパ、膝をがくがくっとして、

腰、震わせてくれましたが、

それって、夫の傍らで、夫のではない人のいたづらの指先で、

あれほど強い悦びの頂に登りつめさせられた私のできる、

ほんの僅かなお詫びだったのかもしれませんね。

 

 

関連記事
16:10  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(12)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。