FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

地中海旅行6 ジャグジーでの悪戯2

2016.09.20 (Tue)


やだぁ、パパ、助けて、どうしよう。
って、目を向けると、皆と同じように気持ち良さそうに目を閉じてるし、
あらっ 奥様、夫の肩に頬を寄せて、くつろいでるんですよ。

src_12691701.jpg

だんな様の手のひらのいたずら、私が何もできないのをいいことに、
やだぁ、だんだんとエスカレート。

太ももの内側を撫ぜていた手のひら、
少しずつ、水着と肌の僅かな隙間から、忍び込んできたのです。
そして、柔らかなふくらみに覆いかぶさりました。
いやっ! 私、彼の手首、拒むように握り締めましたが、そんなことお構いなし。

1240-23s.jpg

許されないことでした。身も知らない人に囲まれた中、
夫ではない男の人のいやらしい指が、
女性として、最も女性らしい、
そして、最も恥ずかしいところにあてがわれ様としているんです。

最愛の妻がいいようにされていること知ってもらいたくて、
涙さえ潤ませながら、夫の方を見たのに、
あぁ、相変わらず、奥様に肩を貸しながら、幸せな顔をして、まどろんでいるのでした。

「ほらっ 良くなりなさい」
そっと寄せられた彼の唇が、ジャグジーの泡に濡れた髪越しに低く聞こえました。
そして、それと同時に、それまで以上に強引に、彼の指先、
深く、入り込んでくると、柔らかい恥毛を摩りながら、
恐ろしいことに、柔唇の溝に、分け入ってきたのです。

1493-21s.jpg

「あっ!」
って、僅かにおとがいを仰け反らせ、見上げた地中海の空には、
上空の強い風のためでしょうか、真っ青な空を背景に、
筋雲が、いくらも、流れていました。

063.jpg

狼狽えていたのは間違いありません。
けれど、周りの皆さん、すっかりとジャグジーの泡に寛いで、
ゆったりと目を閉じていたんです。

クルーズ説明会の夜、胸を触られ、くちびるを求められました。
けれど、殆ど、何も知らないと言ってもいい、
素敵な男性の、いたずらの指が、
ゆっくりと恥唇を開き、少しずつ、私の身体の中に入ってきたのです。

あってはならないことだったのに、
それも、大好きな夫が、ほんの近くにいるというのに。
その主人しか触れてはならない、私の最も女性らしい溝に、
あぁ、駄目ぇ。
二本の太い指が、根元近くまで、入り込んでしまおうとしてたんです。

私のせいではありませんでした。
けれど、そんな信じられない異常な状態が、
思ってもみない悦び頂の時に、驚くほど早く、
そして、確実に、私を誘ったのでしょうか。

「駄目!許して」
そう、旦那様を見上げて、許してもらうような眼差しを向けたのに、
そんな、私の震える様子を眺めながら、
旦那様、嬉しそうに微笑を返したのでした。

がくっ! がくっ! って、自分が望みもしない強い悦びの麻痺が身体を襲い、
ジャグジーの泡の底にある腰が、
自分では、もう、どうすることもなく、跳ね上がるのがわかりましたが、

150110e_0008-580x386.jpg

私をそんな風な悦びに導いた、旦那様の嫌らしい手首を強く握りしめると、
短くも鋭く、身体の芯を走り抜けた、桃色の悦びの余韻に包まれながら、
私、観念したように、旦那様の肩に、頬を預けるしかなかったのです。



関連記事
17:00  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |