FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海旅行2 愛人

2016.09.06 (Tue)


クルーズの説明会の夜、
彼に、ちょっと、悪戯されちゃって、
胸、触られたし、もうちょっとで、くちびる奪われるとこだったけど、
でも、結局、そんなふうに心配しながらも、こんなことあるはずはないだろうと、
そう、思っていたのに。

「クルーズ説明会」

彼とのこと、夫にも言われてました。
もしそうなっても、自分は怒らないから、順子の好きなようにすれば良いって、
でも、それって、倦怠気味の二人への刺激のための、ほんの冗談話だろうって、
その時は、そう、思っていたのに。


身体の奥の、さらに、またその奥の柔肉の壁に、
彼の熱く太いものの先がねじ込まれるように届くと、
私、たわわな胸を仰け反らせて細い声を上げ、
彼の身体と、私の身体が、もう、これ以上はないほど、
しっかりと繋がりあったことを告げるしかなかったのです。

020109.jpg

「なんて、狭いんだ。それに、絞られるようだし」
音が聞こえるかと思えるほど、恥毛を絡ませあい、
彼の腰が、進み、戻り、そして、また、進み、
さらに、ゆっくりと私の身体の奥を味わいながら、
彼、唸るようにそう、言ったのでした。

sc1018.jpg

ゆっくりとした、営みの動きが始まりました。
つま先が天井を指して、これ以上は無理だと思える身体の深いところに、
彼のものを迎え続けていることが分かり、
こころとは裏腹に、夫ではない男の人に抱かれた自分の身体が、
喜々として彼のものを咥え込んでいるのが分かりました。
そして、幾らもしないうちに、喜びの予感さえ感じだしていたのです。

「旅行中は、僕の愛人として、こうやって抱かれるんだよ」

そう言った彼の分厚い舌先が、私のくちびるに、ぞろりと分け入ってくると、
朦朧とした中、私、その動きに応じるがままに、自分の舌を絡ませ、
どろりと流れ込んできた唾液、喉を鳴らして飲み込んだのでした。

2322.jpg

「今夜は寝かせないよ、たっぷりと飲ませてあげるからね」

そんな彼の、恐ろしい言葉を浴びせられながら、
けれど、私の身体、その言葉に応えるようにして、
彼の広い背中に両手を絡め、逞しい腰を太ももで引き寄せながら、
いやらしく腰を振り出していたのです。

sex_4752-153s.jpg


関連記事
20:32  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(11)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。