FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海旅行 出港

2016.09.02 (Fri)


「なんて、いやらしい身体なんだ」
そんな熱い息が、甘噛みをされていた耳たぶに曇って聞こえてきました。
カーテンが開かれ、バルコニー越しに部屋の中に淡く差し込んでくる、
地中海のうっすらとした夜の海の光が、
自分の裸体を、僅かに染めているようにも思えました。
聞こえなければよかった、そんな言葉に応えることもできないまま、
私は、ただ、激しく胸を震わせるしかなかったのです。

348.jpg


恥ずかしくて隠していた両手が、強引に引きはがされ、
部屋の暗がりの中にも白くこぼれでた乳房を、
それまで、首筋や肩口を這っていた彼の手のひらがやんわりと包みました。
そして、ゆっくりと、その柔らかさと張りをしばらく楽しみながら、
私に、甘い喘ぎ声をあげさせると、
その両手が太もものひざの裏側に触れてきたのでした。

ac676850-s.jpg


見下ろされている痛いほどの視線が分かるようでした。
最愛の夫にしか見せてはいけない、何も身に着けない産まれたままの姿を、
今、彼の求めるがままに、開いていたのです。

02245.jpg

彼との肌の距離が、更に近づいた気配がすると、
今は、滲ませてはならない、
男の人を迎えるための愛液に満たされた最も女らしい溝に、
彼の驚くほど熱い男の人のしるしが、こすり付けられたのが分かりました。

「いやっ! かんにんして」
「欲しいんだろう、ほら、こんなに濡らしてるじゃないか」

夫ではない男の人に抱きしめられ、
そして、その男の人のものが、今、自分のものに触れてしまったというのに、
確かに、言われたように、女としての自分の身体が、
もう、直に、営みを始める準備を済ませようとしていたのです。

02133.jpg

さっきまで、揉みあげられていた乳房に触れるほど、
膝の後ろに当てられた彼の両手に太ももが折り曲げられ、
そして、押し広げられました。
夫との永い営みでの時と同じように、
混じり合う、おびただしい、二人の愛液に助けられながら、
彼のものが、おびただしく濡れた恥ずかしい秘唇を押し開き、
ゆっくりと私の中に入り込み始めたことが分かると、
私、諦めたように、ゆっくりとまぶた閉じたのでした。

6d22991b-s.jpg



関連記事
19:32  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(14)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。