FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫08月

披露宴の夜4

2016.04.12 (Tue)


うっすらとした茜色の灯りの中で、
自分の白い太ももが、柔らかい乳房につくほど折り曲げられ、
そして、これ以上は無理だと思えるほど、左右に開かれてました。
ぴちゃぴちゃと、微かな音が聞こえるような気もしましたが、
それは、驚く程、蜜液を溢れさせていた自分の秘唇を、
仕方なく感じていたせいなのかもしれません。

kn523.jpg

柔らかく膨らんだ柔芽をぞろりと何度もなぞりまわると、
押し付けられたように秘唇に吸い付いた彼のそのくちびるが、
幾度も蜜液を啜り飲んでいるようにも思えました。

彼の髪を手繰り寄せるようにして、
敢え無く、悦びの頂に上り詰めることを告げる声を聞かせると、
腰が浮きあがり、その瞬間、自分の右手で左の乳房を握りしめていました。
悦びを、もっと、深いものにしたかったのでしょうか。

sc677.jpg

「あぁ、なんて、素敵な身体なんだ」

そう言うと、彼、私の双胸に手のひらを被せ、
ゆっくりと、その柔らかさを楽しみ始めてました。
あぁ、ひどく感じるわ、怖いくらいに。
私、彼のその手に自分の手を添えて、身体中に広がる桃色の快感に、
身を委ねるしかなかったのです。

4fd90970.jpg

永い時間、彼、私の乳房を楽しんでましたが、
そっと、腰を近づけると、
もう、おびただしく、シーツを濡らすほど恥ずかしく潤い、
薄っすらと広がり始めていた秘唇に、
自分の熱い男の人のものの先を、触れてきたんです。

9bf5cbd0-s.jpg

涙に濡れたまぶたを開いて、許してもらえないと思いながらも、
人妻として、抗う言葉を、彼に聞かせました。

「駄目よ、かんにんして」
「さっき、初めて会った時から、たまならなかったんだ」
「そんなわけにはいかないわ」
「お願い、僕の好きにさせて」

そう、慌てるようにいうと、身体、倒してきたんです。

「夫が、いるの。あなたに抱かれるわけには、いかないのよ」

でも、その時には、
彼の、逞しい男の人のもの、私の身体をゆっくりと押し開きながら、
溢れるほど潤ませた蜜液に助けられて、とうとう、身体の奥にまで、届いてたんです。

「あぁん、駄目なのに」
そう掠れた声、聞かせながら、
私、大きくたわわな胸を仰け反らせる姿を見せて、
二人の身体がしっかりと繋がったこと、彼に、伝えてしまったのでした。

see376s.jpg

「あぁ、なんて良いんだ、順子さんの」
緩やかな動きを始めた彼、ため息をつくようにそう言ったんです。
繋がった身体を離そうと、逞しい胸元を押し返そうとしていた私の両手、
いくらもしないうちに、彼の背中に回されていたのでした。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg

彼の太いもの、私の中を押し開き、進み戻り、そして、また、突き入れられ、
若いのに、余裕を見せながら、充分に私の身体、楽しんでいるように思えました。

彼にだったのか、それとも、自分にだったのか、
「駄目だったら」
何度そう言ったのか、覚えていません。
髪を振り乱し、たわわな乳房を揺らし、
身体の奥から湧き上がる、怖いくらいの快感から逃れようとしたのに、
そんな私の、乱れた様子が、彼をもっと喜ばせてしまっていたんですね。

210.jpg

関連記事
21:25  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(12)
 | HOME |