FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫08月

披露宴の夜3

2016.04.09 (Sat)


二次会は、予約してあった片町のお店「Jim Hall」。
あらっ、主人の大好きなジャズのギターリストと同じの名前だわ。
確か数年前、亡くなったって聞いてた。
こんなお店あったのね、主人知ってるのかしら。
今度、二人で来てみたいわ。

index_08.png

当たり前のように、BGMはJazz。
「枯葉」何度か聞いたことがあるような気がしました。

まぁ、片町のスクランブルが見えるテラス席、素敵。
新郎、新婦の他に、30人程の着飾った人たちで、いっぱい。
若い人たちに囲まれて、なんだか私も、若返った気分。

P013760035_238.jpg

「ねぇ、順子さん、ここですよ」って、
彼、自分の隣の、柔らかいソファの席に、私のこと、誘ってくれたんです。
皆が集まっているところからは、
ソファーの高い背もたれが、丁度陰になってて、落ち着けるコーナー。
新郎新婦は、向こうの方で、皆の笑い声の中に囲まれていました。

もう、お腹いっぱいだったけど、驚く程立派なワインセラーがあったので、
メルロー レゼルバの2005年ものをチョイス。
そんなに高くないからボトルで頂きましたよ。

「へぇ、順子さん、ワイン詳しいんですね」
ちょっと、驚いた様子だった彼のワイングラスに、注いであげようとしたら、
グラス持つんだもん。
「チリのワインよ。でも、駄目よ、ワイン注いでもらうとき、グラス持ったら」って、
教えてあげました。
彼、ちょっと、肩をすくめましたが、でも、なんだか、ひどく嬉しそう。
若い人って、可愛いですよね。

106.jpg

勤め先が固いから、日頃、なかなか、ストレス発散ができないこと、
親たちも煩いし、そろそろ、結婚したいと思っていること、
などなど、楽しい彼のお話を聞きながら、えぇ、退屈しない時間を過ごしました。
でも、大好きなワイン、ちょっと、飲みすぎちゃったみたい。
彼の腕が腰に回されて、そっと抱き寄せられても、
そのままに、してたんです。

00021.jpg

なんだか、ぼおーってしてました。
テーブルの上に置かれた二本目の同じワイン、そのラベル、
きっと、うつろな眼差しで見ていたんでしょうね。
彼の身体に、当たり前のように肩を預けたことも、
それほど、違和感は感じなかったんです。

escarisotto05.jpg

お店の天井からの薄オレンジ色のライトの光が、
横たわるようにしてた私の身体に降り注がれていました。
皆の歓声、グラスの当たる音、
そして、誰かが吸ったのでしょうか、緩やかに流れる紫煙の帯。

彼の熱い息遣いが、私の耳元の髪を分け、くちびるが首筋に触れようとしたのも、
殆ど、夢の中のことのように、思えていました。

baa621fe791cea64485502859def163c-630x865.jpg


関連記事
21:51  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |