FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫08月

披露宴の夜2

2016.04.05 (Tue)


両家が招かれたお客様の数の関係からなんでしょうね、
私が座ったテーブル、新郎側と新婦側、半分ずつのお客様でしたよ。
「なんだか、合コンみたいですね」
そう、笑いながら声を掛けていただいた、隣の席の男の人、
新郎の職場の方で、聡明そうなハンサムな青年でした。

テーブルコーディネートイメージ3

同じテーブルの皆も、やっぱり嬉しそうで、
まだ、披露宴始まる前から、ウエルカムドリンクで乾杯して、
お話に花が咲いたんです。

「新婦の同級生なんでしょ、お綺麗ですね。お隣に座れて、ラッキーでした」
新婦と同じ歳って思われて、私、嬉しかったです。
本当は、幾つか歳上なんですけど、それ、黙っておきました。
ふふ。

105.jpg

披露宴、楽しかったですよ。
最近は、仲人さんも立てないし、ご挨拶も短いし、
職場の方の、楽しい出し物や、歌で、大いに盛り上がってました。
ただ、新郎側、新婦側とも、お堅い公務員のお友達ばかりだったから、
皆、品が良かったですね。
あっ、お料理、えぇ、申し分ありませんでした。

IMG_0166.jpg

「二次会行くんでしょ?」
「えっ! あぁ、どうしようかしら、まだ、決めていないんですよ」
「行きましょうよ、せっかくだから、新郎新婦のために。
それと、えーっと、僕たちのために」
「えーっ、それ、なあに?」
「これでお別れするなんて、せっかく、あなたとお逢いできたんだから」
「まぁ、恥ずかしいわ」
「いいでしょ、一緒に。行きましょうよ」

困るわ、主人には、そんなに遅くならないだろうからって、
そう、言ってきたのに。
でも、あんまり、彼が、言うから、
「ごめんなさいね」って、一度、席を離れて、主人に電話してみたんです。

6497720753_fbaea0598e_b.jpg

「ごめんなさい、二次会に誘われてるの、どうしようかしら」
「誰に?」
「同じテーブルの、若い男性の方、あっ!違うのよ、皆も一緒なのよ」
「年下なの」
「えぇ、妹さんと同じくらいかなぁ」
「順子は、どうしたいの」
「あなたが言う通りにするつもりよ」

暫く、声が途切れると、主人の息遣いだけが、微かに聞こえてました。

「行っておいでよ、楽しんでおいで」
「いいの、嫌じゃない?」
「かまわないさ、順子がそうしたいんだったら」
「本当?じゃぁ、ちょっとだけいいかしら」
「いいよ、遅くなっても、先に寝てるから」
「嫌よ、すぐに帰ってくるから、待っててね」
でも、その返事、聞けないままに、電話、切れたんです。

15.jpg


関連記事
20:42  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |