FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫08月

披露宴の夜5

2016.04.21 (Thu)


f1266e74-s.jpg

若く、固く、そして、太い彼のもので、突かれ続けられ、
気持ちとは裏腹に、燃え上がる様に熱くした私の身体、
その動きに正直に反応していたんです。

自分ではどうしようもない、恥ずかしい喘ぎ声を聞かれるのが嫌で、
ぶつけるように、彼のくちびる求めると、
言われもしないのに、
お互い舌、絡ませあい、そして、唾液を飲み下しました。

23711-004.jpg

意識が朦朧として、
ただ、自分の肉欲の求めるがままに、
彼から身体の奥を突かれ続けられるがままに、
自分を委ねてしまっていたのです。

「すごい締まるんだぁ、あぁ、もう、無理!」
それまで、ゆっくりと私の身体の中を楽しんでいたと思えた彼。
急に慌てだすと、突き入れるように、腰の動き、激しくしたのでした。

02133.jpg

「駄目よ、放して。もう、かんにんして」
涙声で、そう、言ったのに、
彼、私の肩、がっちりと抱きしめて、
逞しい腰で、もう一度、私の太ももを押し開き直すと、
上から付き落ちるように、突き入れだしたんです。

彼が、どうしたいのか、主人との営みの経験でわかっています。
男の人のたいせつな印である、若くて粘り気のあるあの白い液を、
今日始めて会ったばっかりの人妻である私の身体の奥に、
注ぎ込もうとしているんです。

「お願い、かんにんして、夫がいるの!」
そう、叫ぶように言ったのに、
逆に、その声に誘われるようにして、彼のもの、
それまで以上に、私の身体の奥で、更に、太く、熱くなったのでした。

「あぁ、今!」
「嫌ぁ、駄目!」

がっちりと、抱き締められて、身動きできない私、そう、叫ぶしかなくて、
ぐぐぐって、彼の腰、さらに強く押し付けられると、
身体の一番奥、とうとう、彼の温かいもので、満たされ出したこと、分かったのです。

そして、そのことが、感じられたと同時に、
思いもよらず、自分の腰、擦り付けるように、嫌らしく動き続け、
私、目も眩むような悦びの頂に、昇り詰めていったのでした。

02291.jpg

関連記事
14:01  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(9)
 | HOME |  NEXT