FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

M先生とのこと5 下着2

2016.03.24 (Thu)


今日は、先生の講義の日でした。
朝から素肌の上に、カーディガンを着てみましたが、
フローリングの上を、数歩歩いてみると、たわわな乳房が微妙に揺れて、
やっぱり不安になりました。

121ec9b3-s.jpg

バストのサイズ、その頃88センチ、カップはDカップ、
それは今も、殆ど変わらないけど、
若いころは今よりも、張りがあったような気がします。
一度、そのこと、主人に尋ねたことあったんですが、
「そんなことはないよ、若い時と同じさ」って、嬉しそうに揉んでくれました。
結婚して今までの永い間、
私の乳房を一番愛してくれた主人が言うんだから、本当に、そうかもしれませんね。

5d30a60e-s.jpg

カーデユガンを羽織ってみたら、すこし、絞まって随分と良くなりました。
ブラの方、これでいいのかなぁ。
でも、可笑しいですよね、好きな先生との約束だったとしても、
そんなことに困り果てるなんて。
でも、姿見に自分の胸元、前から映したり、横から映したり、
そんなしている自分を顔改めて眺めて、少しだけ微笑んだのでした。
先生との約束を守るために、恥ずかしいことそうやって我慢している自分に、
少しだけ満たされた幸せを感じていたのです。

1640-690x500.jpg

けれど、男の人って、
そんなことさせて、何が楽しいでしょうか。
それとも、無理なこと言って、相手の女性が困る様子を見ることが、
嬉しんでしょうか。

大学までの道筋、やっぱり、自分の身体、頼りない感じだったし、
すれ違う男の人から、胸元、じっと見られているような、そんな気がしました。
それに、セーターの素材に擦られて、乳首、膨らんできたんですよ。
歩いて、胸が揺れるたびに、乳首、益々、擦られて硬くなって、
淡い快感を感じてしまって、でも、どうしようもなくて。

141004-03-06-600x450.jpg

幸い、ポロシャツやTシャツと違うから、
硬く盛り上がってしまった乳首の膨らみ、傍からは分からないけど、
その快感、段々と強くなって、下半身に、そして、身体全体に、広がり始めてたんです。
私、並木道の歩道で、一度立ち止まると、桃色の吐息をひとつ吐きました。

S-CIMG0647.jpg

先生、私がこんなふうになってしまうってこと、
きっと、分かっていたんでしょうね。
わかっていたから、こんなことするように、言ったんでしょうね。

歩き出すと、やっぱり、さっきと同じような淡い快感が、
それまで以上に強く、胸元から、湧き上がってきたのです。


言われたとおり、下着を着けていない身体、
ブラは何とかしたものの、ショーツにも困りました。
見た目は、何もわかりはしませんけど、こっちの方も、やっぱり、不安です。
下着を着けないで、スカート穿いたことなんて、
もちろん、今までなかったことなんだから。
それに、「短いスカートで」って、言われてたのにも、困惑していました。

D628152_m.jpg


関連記事
12:39  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |