FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

M先生とのこと5 下着

2016.03.21 (Mon)


M先生との関係が始まって、数週間が過ぎました。
思いもかけない成り行きではありましたが、幸せな時間を感じていました。

毎日、大学に行って講義を受けて、
週に何回かサークルの仲間とスキーや山のお話をするなど、
それまでと一見変わらないような、満たされた生活を過ごしていたんです。
けれど、M先生とのこと、もちろん、誰にも知られていないように、気をつけてました。

kyojo10.png

「下着を着けないでおいで」
そう言われたのは、先生のお部屋でのことでした。

私が欲しくて堪らない、先生の男の人のものの先が、
たっぷりと愛液を滲ませ、開き始めた秘唇に、あてがわれてるときです。
早く、それ、欲しくて、欲しくて、
教えられもしないのに、嫌らしく、腰をくねらせながら、
「あぁ、先生…」と、微かな声で、懇願したんです。

103.jpg

「僕と逢うときは、下着を着けないでおいで」
先生の言われている意味が、よくわかりませんでした。
「講義に来る時も、短いスカートで」
後になって、そんな恥ずかしいこと出来るはずないって思いましたが、
その時はベッドの上で、
そんなこと思う余裕など、ないようにさせられてたんです。

D628152_m.jpg

「いいんだね!」って、
それまでにないような、ちょっと強い口調だったこと、覚えています。
朦朧とした中で、私、先生に分かるように、しっかりと頷くと、
それと同時に、泣きたいほど欲しかった先生の熱い男の人のものが、
自分の身体を押し開きながら、一番奥にまで突き入れられてきたのでした。

f49a3cf7-s.jpg


声にならない細い掠れた声を漏らし、
私、たわわな胸を揺らしながら、大きく仰け反ったのです。
狂おしいほど、待ち望んでいた、悦びの一瞬でした。
それは、どんなこと言われても、どんなことさせられても、
先生が望むんだったら、何だってするんだって、
改めて納得させられた時でもあったのでした。

e6e6b8b4-s.jpg


関連記事
21:31  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(9)
 | HOME |