FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

M先生とのこと4 薬屋さん

2016.03.19 (Sat)


「嫌なこと、させるかもしれないよ」

先生に抱かれ始めたころに、ベッドの上でそう言われたことがありました。

「私のこと、先生の好きなようにしてください」
喘ぎながら、そう応えた自分の言葉が、その時の私の正直な気持ちでした。

100.jpg

他の講義と同じように、もちろん、先生の授業、欠かさず出席していましたよ。
前の日の夜に、眠ることさえ許されないままに抱かれ続けられながら、
次の日には、すぐ目の前にいる先生のお話を、ひとりの学生として聞いてたんです。

00.jpg

思いもかけない時間に、先生からの電話があることがありましたが、
断わることなど、思いもしませんでした。
時々、先生の自動車で少し離れたレストランに行って、
その後、誘われるがままに、ホテルに連れて行かれることもありましたが、
先生のマンションで過ごすことが多かったですね。

「スキンを買ってきなさい」
ある日、そう言われて、随分と驚きました。
そんなこと言われなくても、いままで、相手の男の人が用意してくれてました。

男の人の大切な温かな液、
本当はそのまま、身体の奥に出してもらうのが、女としての正直な気持ちだけど、
赤ちゃんできたら困るから、それって、大事ですよね。
でも、自分で買うのって、やっぱり、ひどく恥ずかしいって思わずにはいられませんでした。

72d93574178314c4d26380d03e5519a51.jpg

ちょっと、慌てた様子だったんでしょうね、
そんな私に、
「インターネットや、量販店じゃなくて、薬屋で買ってきなさい」
って、先生 追い打ちをかけるように言ったんです。
他にも、いろいろな買い方があること、知ってはいましたが、
先生がおっしゃるとおりにすることが、今は、大切なことのように思えました。

普通の薬屋さんだったら、スキンの箱を手に取って、
それをお店の人に渡して買うことになるわ。
そう思いながらも、先生の言われたとおりにするしかないって、
自分のマンションから、随分と離れたところにある街の小さな薬屋さんに行きました。

金沢八景

近くに友達が住んでいて、前に彼女の家に泊まった時
生理用品を買ったところです。

店に入ると、化粧品なども並べてある棚の隅に、スキンが置いてあるの見つけました。
胸が高鳴るのが分かりました。きっと、顔、赤らんでいたと思います。
選ぶ余裕なんて、あるはずもなく、その中から水色の箱をひとつ取ると、
カウンターに持っていったんです。
あぁ、前に来たときは、女性だったのに、今日は、若い男性の方でした。
その男性の方の前に、目を合わさないようにして、それ、置いたんですよ。
「はい」 恥ずかしいそうにしている私に、そう、言ってくれました。

「ねぇ、これ、何にか知ってるの? 
男があなたの身体の中におっきなペニスを押し入れて、突き動かして、
そして、ほら、精液、あなたの膣の奥にいっぱい出しても、
 赤ちゃん、できないようにするためのものなんだよ。
 可愛い顔して、まだ、若いのに、そんな嫌らしいこと、あなた、するんだねぇ」

101.jpg

そんな言葉が、頭をよぎりました。
けれど、その男性「はい、2,095円です」、そう事務的に言うと、
スキンを入れた小さな紙袋、カウンターの上に無造作に置いたんです。
うっすらと、汗、感じてました。

お店を出ようとする私の背中に、
「ありがとうございました」って、声。
「今から、行くの、抱かれに。
 まぁ、そんなに括れた腰してるんだね、そのお尻、後ろから彼に突かれ、
おっきなおっぱい揉まれながら、色っぽい声、出すんだろうなぁ」
そんな風にも、聞こえてくるようでした。

43aedd7b.jpg

「スキン、口にくわえて、ほら、僕のにつけてごらん」
そう言われた私、それは、これまでの男の人との幼い経験では、なかったことでした。
ゴムの匂い、それほど嫌いではなかったけど、
くるくるって、先生のものに被せるの上手くいかなくて、
何度も着け直し、させられました。

けれど、そうしているうちに、先生のもの、それまで以上に、
大きく、硬くなって、
そして、私も、先生のもの咥えることで、ひどく感じて、
秘唇から、迎えるための愛液を滲ませ始めたことに気付いていたんです。

「今日よりも、もっと、恥ずかしいこと、いいだろう」
その意味がわからないままに、私、
先生のもの咥えたまま、そっと、うなづいたのでした。

12c92dea.jpg

何もかも、先生の求めるがままでした。
身体もこころも、先生が言うがままに染められ始めていたのです。
そして、そのことを、私のこころと身体が、自分の方から求めていたのでした。
けれど、それは、まだ、
先生との、人には言えない深い関係を刻む、ほんの入り口だったと気付いたのは、
もうしばらく、後のことでした。



関連記事
09:52  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME |