FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

天草への旅4

2015.08.18 (Tue)


「ほらっ、順ちゃんのこと思ってたら、こんなに」
純君、浴衣の前を開き、そっと椅子に座ると、腰を少し前にせり出し、
やだぁ、私にとって、懐かしい男の人のもの、見せたんですよ。

「やっぱり、順ちゃんとね」
私一人しかいない部屋に、そう言って、当たりまえのように入ってきた純君。
でも、腰、痛いんでしょうね、恐る恐るって感じで、椅子に座ったんです。

「駄目よ、みどりさんに悪いわ」
「知ってるでしょ、
みどり、お酒飲んじゃうと、すぐに寝ちゃって、朝まで起きないって」
「それは知ってるけど、駄目よ、ほら、お部屋に戻んなさいよ」

私、椅子に座った純君の腰から、そそり立ったものから目を逸らして、
そう言ったんですけど、純君、戻る気配なし。
「順ちゃん、ほら、跨ってくれると、いいんだけどなぁ」って、
おっきなものに添えた手、ゆっくりと上下させたんです。

馬鹿ぁ、そんなことできるわけないでしょ。
でも、さっき、ちょっとだけ目に入った純君の男の人のもののこと、
そして、それで繋がり合い、一日中抱き締め合っていった、若かった時のこと、
あっという間に、私の身体が思い出していたのでした。

a98ed4074f29b011c43a9a9de1ca7f66-630x456.jpg

「もぅ、仕方ないわね。

諦めたように一度閉じた目を開くと、私、ゆっくりと、純君に近づいたのです。

純君のものの先に、透明な水玉が乗っていましたが、
彼の脚と、それを跨いだ私の太腿が触れると、
溜まりかねて、その液こぼれ出し、
純君の大きなものの全体を、濡らしだしたんです。

私の身体の準備も、驚く程早く、出来ていました。
「久しぶりだよね」
私の滴るように蜜液で濡れた秘唇と、懐かしい純君の男の人のものの先が、
ゆっくりと触れ合うと、そう、言ったんです。

ab305101-s.jpg

「いけないのよ、もう、こんなことしちゃ」
乱れだした息の中で、やっとそう言ったんですけど、
純君から浴衣の帯を解かれながら、ゆっくりと、腰を下ろし始めた私、
自分が今言ったその言葉が、嘘だったこと、純君に教えていたんですね。


あぁ、入ってきちゃうわ。
純君のものの先、おっきなところが、私の秘唇を押し開きだすと、
少しずつ、奥にまで入ってきたんです。

二度三度腰を上下させ、とうとう、根元まで、しっかりと身体の中に納め終えた私の身体、
あぁ、ぴったり、やっぱりすごいわ。
私、身体を仰け反らせながら、純君の目の前、たわわな胸、揺らしたのでした。

kj720s.jpg

「あぁ、順ちゃんのここ、昔と同じだ。ほら、ぴったり」
純君も、そんな私の胸を揉みながら、乳首にくちびるを寄せてそう言うと、
私の中で、びくびくって、自分のもの、脈打たせましたが、
それに応えるようにして、
私の肉ひだ、きゅーんって、それ、締め付けるのがわかりました。

313843b2-s.jpg

ぎっくり腰の純君、
私のこと、下から突き上げること、やっぱりできなくて、
繋がり合った二人の感触を、ゆっくりと楽しんでたんですが、

8f2798d9-s.jpg

「今日は、駄目よ、中に出しちゃったら」
純君の髪、撫ぜながら、私、やっとそう言ったのに、
「あぁ、もう、我慢できないよ」
って、ぜんぜん動いてないのに、あらっ、危なそう、
昔、あんなに沢山出してくれた、男の人の白い液、もう、出しちゃいそうなんです。

私、慌てて熱いもの、自分の秘唇から、抜き出そうとしたのに、
純君、私の腰、両手で抱き締めて、乳房の谷間に、顔埋めてきたんですよ。

「あぁ、いい」って、純君の曇った細い声。
「やだぁ、本当、駄目だって、赤ちゃんできちゃうって」
なのに、純君の腰、急に私のこと強く突き上げると、
あぁ、身体の奥に、温かいもの、注ぎ入れてきたのわかったんです。
そして、その瞬間、
私の身体の奥、純君の脈打ち始めた熱いもの、ぎゅって、絞めたのでした。

「あぁ、いっちゃうわ」
純君から注がれた温かな液に誘われて、嫌らしく腰を擦り付けながら、
私、そう、叫んでました。

kj713.jpg

赤ちゃん 危ない夜だって言うのに、
純君のもの、もっと沢山、出してもらいたかったんでしょうね。
良い匂いのする純君の髪に顔を埋めながら、
私、身体の求めるままに、桃色の声、漏らし続けていたのでした。

140527c_0029-580x870.jpg




関連記事
14:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。