FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ゆきひとさんとのこと

2015.07.19 (Sun)


c3737040-s.jpg

「由香里さん、岩崎さんと逢うんだって」

そう言うと、主人、繋がったままの腰、もう一度、押し付けてきました。
「えっ ええ」
身体の奥に、今しがた注がれた主人の大切な液、
私、その温かさを感じながら、身体、どうしようもなく、くねらせてたんです。

c275402b.jpg


「それに、由香里さん、大丈夫な日じゃないって」
「ああん」
「岩崎さんの危ない液、由香里さんが欲しがったらどうするかって」

少しだけ柔かくなったのかなって思っていた主人のもの、
また、芯を感じるように少しだけ太くなったの、迎えていた身体の中で感じました。

私たち夫婦が愛読させてもらっている、
「愛する妻を他人へ」のことなんです。
(リンク先の一番上にありますので、読まれてみてくださいね。
虜になってしまうブログですよ)

yuki_301_117.jpg


由香里さんっていう、素敵な奥様、なのに、ご主人のゆきひとさん、
そんな最愛の奥様を、他人に委ねてること、綴られています。

私も、Tさんや夫以外の男性に、身体開いてしまったこと、
恥ずかしいけど、皆さんご存知ですよね。
でも、その時のこと、とても、ゆきひとさんのようには書けなくて、
揺れ動く繊細なこころのひだと、奥様である由香里さんへの深い愛情が、
濃密な文章表現で描かれていて、随分と勉強させていただいてます。

けれど、ゆきひとさんが望まれていることだと分かってても、
由香里さんを岩崎さんに委ねてしまう夜を迎えること、
女性としても、本当に切なくて、苦しくて。

その、由香里さんと岩崎さん、二人だけの夜を、
ゆきひとさんの望む夜を、また、迎えようとしているんですね。

yuki_301_114.jpg


「大丈夫じゃないのに、出されるって、順子ならどうする」
私の胸に手の平を被せながら、主人、そういうと、
スプーンが重なるように、身体を寄せてきました

「やだ、パパ、そんなこと言わないで」
「Tのときは?」
「嫌!」
でも、その途端、主人のもの、それまでにも増して硬くなったの、
身体の中で感じられて、私、思わず甘い声漏らしてました。

「Tから、連絡あるんだよね」
主人の動きに仰け反りなが、小さく頷きました。
嘘は嫌だったからです。
Tさんとのことで、主人に隠し事したら、それって、本当の浮気になってしまうから。

「何て言ってるの」
私が応えられないで、細い声で喘ぐと、
「また、順子の中に出したいって、言ってるんだろ」
その言葉に、
「あぁ、ごめんなさい」って、震えながら、掠れた声で、そう言うしかなかったのです。

昨年の夏、Tさんの別荘に皆で行った時、
早朝の誰もいない木立の陰で、思いもかけずTさんと身体を繋げ合い、
最後には、Tさんの印、身体の中に注がれること許していたのでした。
(今年1月分に載せている、「別荘での過ち」読んでみてくださいね)


02176.jpg



関連記事
10:34  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。