FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

百万石まつりの夜11

2015.07.15 (Wed)


「昨日はお世話になりました。
 えぇ、それがね、実は今しがた牧田さんから電話があってね。
 そうなの、あのね、順子さんに、もう一度、逢いたいって。
 駄目かしらねぇ」
  

私の街で、一番背の高いホテル、その最上階、スカイラウンジ。
お昼にはまだ少し早かったせいでしょうか、窓際での眺め楽しめました。

テーブルの前には、えぇ、牧田さんが。
昨夜と同じように、穏やかな眼差しで私のこと、見つめてくれてたんです。

3.jpg


「昨日の着物姿も素敵だったけど、洋服もいいね。
 それに、こっちの方が、胸が豊かなの、よく分かるよ」

今日も、着物にしようかなぁって、思ったんですけど、
少し暑くなりそうだったんで、洋服にしたんです。

そうかもしれませんね。
少しの風にも裾が心配なほどの薄手のワンピースに、
ワイヤーの入ってないハーフブラにしたから、
胸の膨らみ、目立ったのかもしれませんね。

149b464b-s.jpg


「ごめんね、無理に出てきてもらって、今夜は、仕事の付き合いがあるし、
 明日は、もう、京都に帰るから」
「いえ、いいんですよ。昼間は時間がありますから」
「そうなんだ、だったら、食事済ませた後、僕の部屋で、ゆっくり、ルームサービスのお茶でも飲まない。
 ツインの部屋だから、結構、広いし」

TI_485423_20120919115912000.jpg


まあ、そんなこと、牧田さん、言ったんですよ。
そんなことできないわ、人妻の私が、男の人の部屋に伺うなんて、
きっと、お茶だけじゃ済まないこと、わかってるから。
って、そう思った瞬間、
触られてもいないのに、乳首、キューンって、硬くなって、
牧田さんの言葉に誘われるように、身体の芯、熱くなるのがわかったのでした。

2014.jpg


私、そんな牧田さんの言葉に応えることができず、
仕方なく、私、穏やかな佇まいを見せる、良く晴れた街の景色を、
そっと、見下ろしたのでした。

image_11458_400_0.jpg


その後どうしたかって、ふふ、ごめんなさい。
それは、ひ・み・つ なんですよ。 


関連記事
10:50  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。