FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

百万石まつりの夜10

2015.07.12 (Sun)


庭先で洗濯物を干しながら、小さなあくびをひとつしましたよ。
干していた私の下着、いつの間にか、なくなること、
最近、続いてるんです。
最近だけでも、もう、三枚もなくなっちゃったわ、お気に入りのショーツだったのに。

1001shshorts3.jpg


犯人は、分かってるんですよ。
親しくお付き合いをしている、お隣のお家、そこの、徹君だって。
小さいころから良く知っていて、
娘たちとも仲良くしてくれてたんだけど、
最近は、私のこと見る眼差し、胸やお尻に注がれること多くて、
ちょっと、心配してるんです。

477-690x500.jpg


まかないを頂きながら、女将さんとのお話に花が咲いて、
午前様の帰宅になった昨夜、主人、ベッドで寝ないで待ってたんです。

「遅かったね」
「ごめんなさい、起こしちゃったわね」
「あぁ、順子のこと考えると、眠れなくってさ」
「えっ、どうして」
「だって、変なことになってるんじゃないかって」
「やだぁ、そんなことにならないって、言ってたでしょ」
私、主人のベッドに腰掛けると、
お座敷でのこと、舞妓さんのこと、そして、牧田さんのこと、
ゆっくりと、お話したんです。
あぁ、肩、抱き寄せられたことは、ふふ、省略しましたけど。
(このブログで、わかっちゃいますけどね)

00459-600x424.jpg


「ほら」
そう言うと、主人、パジャマ脱ぐと、
まぁ、おっきくなってたもの、私に見せたんですよ。
「ごめんなさい、ちょっと、待っててね」
そう言いながら、私、急いで着物の帯、緩めようとしたんです。

でも、駄目でした。
「着物姿の順子と…」って言うと主人、着物の裾、まくり上げてきたんです。
着物を着る機会の多い私、そんなとき、主人から求められて、
着物姿のまま、受け入れたこと、少なくありませんでした。

でも、今夜、慌てるようにして、私の身体の中に、入ってきた男の人のもの、
大好きな主人のものに間違いはないのに、
さっきまで、肌の温かみを感じるほど寄り添って座っていた、
そう、牧田さんのもののように感じて、いつもとは違う、声、出していたのかもしれませんね。

01433-600x414.jpg


主人、いつもに比べると、ちょっと、乱暴に、私のこと後ろから突き続けてくれましたが、
赤ちゃんのことあったから、お口に出してもらいました。
その方が、着物、汚れる心配もないし、
主人のものの中に残った液も、しっかり、吸い出してあげたんですよ。
と言うことで、ちょっと、睡眠不足な朝だったんです。

2138-690x500.jpg


洗濯物を干し終えた時、女将さんから、電話がありました。




関連記事
10:28  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |