FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

百万石まつりの夜9

2015.07.08 (Wed)


「女将、今夜は楽しませてもらってるよ」
「まぁ、それはよろしゅうございました。順子さん、ありがとうね」
「今だって、彼女にキスする寸前だったのに、無粋な人が邪魔したよ」

「まぁ、ご冗談ばっかり」
そう言うと、ゆっくりと、女将立ち上がると、次の間の障子の引手に手を添えたんです。

「お待たせしましたね、先生」
蝋燭を使われているんでしょうね、障子、音も立てないで、すっと、開きました。
けれど、開いたその先が見えた時、驚いて私、「あっ」って、声出しそうになったんです。

197-8bac0.jpg


次の座敷には、眩しいばかりの金屏風の前に、
薄いクリーム色の着物を着た、日本髪の舞妓さんが、ちょこんと座っていたんです。
「まぁ、可愛らしいわ」って、そう言ってしまいました。

images2.jpg



牧田さんに勧められるまま、杯を重ね、
そして、成り行きで、そっと、肩を抱き寄せられた私。
女将さんが障子を開けた、ほんの僅かな時間の間に、
酔いのためだったんでしょうね、素敵な牧田さんとの恥ずかしいこと、思ってたんです。

c275402b.jpg


衿かえが終わってないから、えぇ、二十歳前の、可愛らしい舞妓さんです。
置屋で、三味線やお囃子の修業しながら、芸妓さんになるんですよね。
踊りが始まると、舞妓さんだけしか結ばない、だらりの帯が揺れて、素敵だったし、
綺麗に結ってある髷も綺麗でした。
牧田さんも、杯持った手、途中で止めて、一生懸命、見てたんです。

img_6.jpg

地方さんも素敵な女性でしたよ。
お座敷では舞妓さんの方に目を向けること多いけど、
やっぱり、三味線や唄いが大切ですよね。
それに、私と同じくらいの歳だろうから、
地方さんとしては、まだ、これから大変でしょうけど、
あらって思うほど、綺麗な方で、三味線も唄いも、楽しめたんです。

舞が終わった後、舞妓さん、牧田さんの隣に座ってお酌してくれましたよ。
まだ、若いけど、お座敷での立ち居振る舞い、やっぱり、かなわないわ。

はらはらした、私の初めてのお座敷、
こうして、つつがなく、終わろうとしていました。

004.jpg


ホテルに帰る牧田さんを送った後、女将さんと、まかないを頂きました。
最初に、言われていた通り、牧田さんに出されたものと、変わらなくて、
なんだか、申し訳なかったんですよ。

「助かったわ、牧田さん、あんなに喜んでくれて」
「だったらいいんですけど、何だか、無我夢中で」
「いえ、順子さん、落ち着いてて、ふふ、玄人みたいだったわよ」
そう言うと、お酒、注いでくれたんです。

「時間があったら、また、時々、お願いできるかしら」
「えっ、えぇ、たぶん大丈夫だとは思いますけど」
「旦那さん、やっぱり、煩いんでしょ」
「そんなことないですよ。今度も、何も言わなかったし」
「そう、じゃ、牧田さん、来られたら、また、お願いしますね。お花代、奮発するから」

あぁ、牧田さんがお相手だったら、私も、また、お逢いしたいって思いました。
でも、思ったよりも早く、再会することになったんですけど。

本格花魁体験1

関連記事
10:13  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |