FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

百万石祭りの夜8

2015.07.05 (Sun)


「良かったかい」
まぶたにくちびるを感じ、涙に潤んだ瞳を開くと、
私、そっと、頷いてしまっていました。
人妻でありながら、その瞬間は、それが、素直な気持ちだったのだと思います。

身体を繋げたままだったので、牧田さんが少しだけ身体を揺すっただけで、
私、たわわな胸揺らしながら、仰け反りました。
一度、その恐ろしく大きく、太いもので、強い悦びを教えられた身体、
それまで以上に、敏感に燃え上がっていたんでしょうね。

「離したくない身体だよ」
そう言うと、牧田さん、二度目の悦びに、私、誘うために、
ゆっくりと腰、突き出すと、二人にとって、桃色の永い夜が、また、始まったんです。

c275402b.jpg


「このまま、出すよ」
後、僅かで、三度目の頂きに、昇り詰めようとしている時でした。

私、我に返ると、喘ぎながら、
「赤ちゃんが…。お願い、それだけはかんにんして」
そう、掠れた声で、言ったのに、
そんな私の言葉が聞こえないようにして、
逃げられないように、彼、私をそれまで以上に、強く抱きしめると、
えぐるように、腰、入れ込んできたんです。

c1438029-s.jpg


身体を揺らしながら、糸を引くようなくちづけをしながら、
牧田さん、こう、言ったんです。
「僕たちの子どもを産めばいい。そして、一緒に、京都で暮らすんだ」

このまま、牧田さんのもの、身体の奥に注がれたら、
間違いなく、彼の男の人の液、私の卵、探し出して、二人の赤ちゃん、育みだしてしまうわ。
そうなってしまったら、
大好きな主人や子どもたちと別れて、
牧田さんと、昔馴染んだ京都の街で、暮らすことになってしまう。
そんなこと、しちゃいけないのに。

鴨川のほとりを歩く、二人の姿が、目に浮かびました。
私の胸元には、可愛らしい赤ちゃんが、
そして、その赤ちゃんを覗きこむ、牧田さんの優しい眼差し。
そんな人生が、今、始まってしまうのに。

photo66993.jpg


でも、私の応えを待つまでもなく、
「ほら、たくさんあげるから」って、彼、それまで以上に、強く動き出したのでした。

駄目、それだけは、かんにんして。
そう思ったのに、私、激しく動き出した彼の逞しい腰に両手を添えて、
引き寄せるようにしてたんです。

えぐるような動きに応えて、悦びが迫っていることが分かりました。
そして、
「いいんだね」
そう曇った牧田さんの熱い言葉を耳元で聞きながら、
これ以上は無理だと思えるほど、太股を開き、その脚、彼の腰に絡めながら、

「あぁ、大好き」って、
人妻として、他の男性に言ってはならない言葉を叫びながら、
許してはいけない、夫以外の男の人の液、
このまま、迎えてしまうこと、許してしまったのでした。

tumblr_mcg2ioeb6S1rgxuzno1_1280.jpg


「ほら、あれ、入れられたら女がどうなっちゃうか、
あなたも人妻だから、わかるでしょ。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、身体が忘れられなくなっちゃうのよ」

そんな女将の言葉が嘘ではなかったこと、
その恐ろしいもの迎えてしまった自分の身体で、しっかりと、納得させられていたのです。

膝が乳房に触れるほど、太股を曲げられ、
彼のものの先が、子宮の入り口にねじ込まれると、
とうとう、熱い男の人の液が、注ぎ込まれ始めました。

59b88c8a-s.jpg


あぁ、駄目ぇ、
けれど、その驚く程多量の牧田さんの液に誘わるようにして、
私、身体を仰け反らせ、嫌らしく腰を振りながら、
ためらいもなくその液、しっかりと、迎え入れてしまったのでした。

あぁ、熱い。それも、こんなに沢山。駄目ぇ、間違いなく、赤ちゃん、できちゃう。

けれど、訪れた、恐ろしいほどの悦びのため、
薄らいでいく意識の中で、
私、自分の身体の求めのままに許してしまうしか、
しかたがなかったのです。

222.jpg

関連記事
21:36  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(15)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。