FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

百万石祭りの夜7

2015.07.03 (Fri)


さっきまで、笑い声さえ聞こえていた座敷の灯りが消されると、
うっすらとした燈が、布団の敷いてある和室の中を照らしました。
牧田さん、何も言わないまま、
脚元に座ると、私の膝の後ろに手を添え、ゆっくりと太腿を開かせたのです。

see473.jpg

なぜ、強く拒まなかったのかわかりません。
恥ずかしくて、顔を覆っていた両手を、引きはがされると、
たわわな胸と白い身体を、しっかりと、見下ろされていることを感じてました。

牧田さんのもの、私の、秘唇にあてがわれ、
さっき見せられた、透明の液にまみれた先が、
ゆっくりと、私の身体を押し開き始めたの分かりました。
けれど、すぐに、とても、無理だっておもいました。
牧田さんのもの余りに太くて、
身体自体が、上に押されるだけで、とても、受け入れられるとは思えなかったのです。

a702fbce-s.jpg


「狭いんだね」
けれど、そう言った牧田さん、何度か腰を揺すりながら、段々と、自分のもの、
私の身体の中に、埋め込み始めたんです。

身体の奥が、押し広げられるように思え、
背中が反り返り、身体が仰け反るのが分かりました。
辛くて、恥ずかしくて、何度も膝を合わせようとしましたが、
その都度、また、彼の両手が、太股を大きく開き、
私と自分の性器が、今、まさに、繋がろうとしているところを、
見ているのが、わかったのです。

59b88c8a-s.jpg


とうとう、彼のもののすべてを、身体に迎えたと思った後も、
ゆっくりと彼の腰が押し込まれるように進むと、
それまで、私自身が知らなかったと思える子宮の入り口にまで、
牧野さんのものの先が、ねじ込まれてきたように思えました。

私、両手でシーツをこれ以上は無理だと思えるほど、強くつかむと、
仰け反らせた口を広げました。
そうでもしないと、私の身体の中、張り裂けるようにも思えたのです。

02802992-s.jpg


「なんて、絞まるんだ」
牧田さんのもの、私の中を味わうように、ゆっくりと動くと、
それに応えるように、私の身体の中、
牧田さんのもの、じわぁって、締め付けるのがわかりました。

今夜、初めてお会いした人だというのに、
繋がり合った身体の相性は、これ以上ないようにも思えたのです。

see376s.jpg


驚くような僅かな時間で、悦びが訪れる予感がしました。
それは、ほんの数分だったような気もします。

自分と私の性器が、しっかりと繋がり合っているところ、
ゆっくりと動きながら見下ろしていた彼、
そんな、危うくなり始めた私の様子を察したのか、
身体を倒してきて、抱きしめてきたんです。

「堪らないよ、君の身体」
そう言うと、それまでよりも腰を強く揺すると、
私、あっけなく、アクメの頂きに登り詰めさせられたのです。
それは、自分にとっても、驚くような深く強い悦びでした。

夫も子どものいる人妻でありながら、
心ならずも、主人以外の男性に抱かれ、
恐ろしいような男の人もので、深く繋がり、
あえなく悦びの声を聞かせてしまったというのに、
翻弄されてしまった私、
牧田さんに強く抱きしめられ、悦びの余韻に浸りながらも、
背中に回した手、いつまでも離すことできなかったのでした。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg


「ほら、あれ、入れられたら女がどうなっちゃうか、
あなたも人妻だから、わかるでしょ。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、身体が忘れられなくなっちゃうのよ」

222.jpg


でも、その時になって気付いたんです。
さっきまで、しっかりと絞めれていたはずの廊下側のふすまが、
少しだけ開いて、うっすらとした光が射していることを。
そして、そこには、女将と思える女性の、瞳の光が見て取れたんです。

私たちのこと、覗いてたんだわ。
間違いなく、私が、牧田さんに抱かれたこと、
そして、私が、悦びに登り詰め、身体を震わせながら、細い声をあげたこと、
そんな、牧田さんとの営みのすべてを、しっかりと、見られていたのでした。

20140820_1.jpg


関連記事
07:30  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(9)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。