FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

M先生とのこと2 出会い2

2015.07.29 (Wed)


講義が始まって暫く経った週末、
「ねぇ、明日、M先生の授業の、コンパがあるんだって」
そう友達から言われて、やっぱり、迷うことなく参加することにしました。

main_vis04.jpg


大学から離れたレストランに、個室予約してありました。
一年間先生の講義を受講する10人ほどの女子学生の中心に、
M先生が嬉しそうに座っておられました。

ワインで乾杯して、美味しい料理いただきましたが、
話題は先生の講義や、これまで行かれた旅行のお話などで、
楽しく盛り上がったんです。

少し座が乱れて、偶然に先生の隣の席に。
お皿に、お料理よそったり、お酒ついであげたり、
かいがいしく先生のお世話しましたよ。

C7WT8J.jpeg


「あなたみたいなお嬢さんが、大学にいたんだねぇ」
そう言われて注がれたワイン、飲みすぎるかなぁって思いながらも、
勧められるがままに、グラス傾けてしまったのでした。

そんな僅かな時間だったのに、知らないうちに、
どんどんと先生の魅力に惹かれていっていたんですね。

「女学生といろいろあるんだって」
そんな先輩の言葉、その時は、思い出せないでいたのでした。

暫く歩いた路上から、誘われるままに、一緒にタクシーに乗ったの覚えています。
先生のマンションまで、僅かな時間でした。

「可愛らしい顔をしているのに、こんなにいやらしい身体をしてるんだ」
時折、手の平が、私のたわわな乳房に被さると、その張りを楽しむように揉んでいました。

男の人にしては細く長い指の間に、膨らんだ乳首を摘ままれながら、
これから身体を繋ぎ合う相手に、
女として、されるがままに自分の身体を開いていたのです。

1a83a069-s.jpg


先生の熱い男の人のものが、私の僅かに開きかけた恥ずかしい秘唇と、
膨らんだ柔芽を何度も擦り続けていました。
そうしながら、その先からにじみ出た、
おびただしい透明な液が、私の女のひだを濡らしていたんだと思います。

その動きに誘われるようにして、私の身体の奥からも、先生のものを迎えるための蜜液が、
驚く程沢山、流れ伝い始めたのが自分にも分かっていました。

231-600x337.jpg


太い先で、私のものをゆっくりと押し開きながら、
「いいんだね」って、震える身体を見せながら喘ぐ私に、
そう声を掛けたんです。

先生のものが、身体の中を少しずつ進み、私、胸を仰け反らせ細い桃色の声を漏らしました。
奥にまで届いたものを、私の身体が正直に絞めつけ、
そして、それに応えるようにして、先生のものが、何度も脈打つのが分かりました。

「すごく、絞まるんだね」
そう言った先生、数か月前に二十歳になったばかりの私の身体を、
ゆっくりと楽しみ始めたのです。

身体がしっかり繋がり合って、少しだけ、動きが強くなっただけなのに、
それまでの男の人との営みでは、経験のないような強い悦びを感じました。
今までとは、まったく違う、愛され方だったと思えたのです。

300.jpg


何かわからない先生の良い匂いに包まれ、私は、何度か悦びに昇り詰める声を聞かせました。

動きの速くなった先生の背中を両手で強く抱き寄せると、
きっと、いくらもしないうちに、身体の奥に注がれるだろう男の人の液を、
私から先生に涙声でねだったのです。

それからのことは、よく覚えていませんが、
先生の唸るような声と同時に、繋がり合った腰が、ひどく強く押しつけられ、
そして、身体の一番奥に、温かなものを感じたこと、覚えています。

1930-07s.jpg


薄紫の夜明けの柔らかい光が、
少しだけ開いたカーテンの隙間から、射しこんできていました。

その淡い光の中で、自分の身体が揺れていることに気付いて、
薄らと目を覚ましたのです。
乳房を揉まれながら、後ろから愛されていることが分かりました。
私は、細い声を上げながら背中を振り返ると、
微笑みを浮かべていた先生に、慌てるようにして、くちびるをねだったのです。

a6dd3de1-s.jpg


そうやって、始めて先生に抱かれた次の週も、
誘われるがままに、そのマンションに続く緩やかな坂道を、通っていました。

思いもかけない時間が流れ出したこと、自分の身体が、先生のものに染まり始めたこと、
どうすることもできず、納得させられていたのです。

こうやって、M先生とのお付き合いが始まり、
大学を卒業するまでの二年近くの間、
私は、先生のこと、ひと時も忘れられない女でいました。
いろいろなことがあり、いろいろなことをさせられました。
けれど、先生と過ごしたその時間を、今も、後悔はしていないんですよ。

kyotanabe.jpg


関連記事
13:21  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。