FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

百万石祭りの夜

2015.06.11 (Thu)


「ねぇ、困ったこと頼まれちゃったわ」

リビングのソファーで、二人で、お酒飲みながら、BSの旅番組見てる時でした。
ハイボールのCMに出てる女優さんに、私が似てるって、言ってくれて、
食事の後のお酒、最近はいつも、ハイボールにしてるんです。
「ウイスキーがお好きでしょ」って、あれですよ。ふふ。

f35c59322cb7044fdaa41d493aabd224.jpg


主人たら、なんだかんだいいながら、私の部屋着の胸元を開くと、
ブラしてない乳房に、手の平、被せてきてたんです。
まぁ、私も、嫌がりもしないで、そのまま、話続けたんですけど、
なんだか主人、私の話、しっかり、聞いてくれてるのかなぁ。

65e697aa-s.jpg


「ひがし茶屋の女将さんから、頼まれごとあったの」
「へぇ、ひがし茶屋、何、それ」
「ほら、私の習い事の先生からも言われてね、あん!」
だって、主人、硬くなり始めた乳首、指先でころころってするんだもん。

13.jpg


「で、何、頼まれたの?」
「それがね、ほら、それでなくても、今、観光のお客様多いでしょ、
それに、百万石まつりが近くなってて、お客様のお相手する人、全然、足りないって」
「お相手?」
「女将さんが芸子さんたちを紹介してる茶屋で、お客様のお相手をする人よ」
「ふうん」

そう言いながら主人、硬くなっちゃった乳首、お口に含んできたのでした。
「あぁ、駄目よ。お話、途中でしょ」
主人の手の平が、乳首含まれてる反対の乳房に被さって、ゆっくり、揉んでくれます。
あぁ、いい気持ち、身体、とろけそう。

609fb1f1-s.jpg


「料理運んだり、お皿洗ったり?」
「ううん、それは仲居さんたちがやってくれるんだって」
「じゃ、他に何するの」
「そうね、だから、お座敷で、お客様にお酒注いだり、
お話のお相手したり、そんなことじゃないのかなぁ」
「それだけ」
「それだけって、他になにするのよ、やだぁ、パパ、また、変なこと考えてるの」

それまで、優しく乳房を揉んでくれていた主人の手に、
明らかに、それまでとは違う強い力が加わったんです。
「あっ 駄目よ、パパ、痛いわ」
だって、舌で転がされた乳首にも、歯、立てられたんですよ。

「変なことになるわけないわ、先生からのお話だもん。
 なんだか、すごく大事なお客様なんだって、料亭の女将さんも一緒だから大丈夫よ」
「着物着て行くんだろ」
「えぇ、そうだろうと思うけど」
「順子も、お酒、飲むんだよね」
「わからないわ、そんなこと。少しくらいは、いただくかもしれないけど」

01333.jpg


主人、そこまで聞くと、少し息荒げて、くちびる重ねてきました。
乳房を愛されて、堪らなくなってた私、
自分から、舌、吸ってもらうために、くちびる委ねたのです。

9708b51b-s.jpg



関連記事
15:47  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |