FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

立山への旅10

2015.06.06 (Sat)


0004843_20120209105738_05874.jpg


「ごめんなさい、主人が、離してくれないんですよ」
そう言うと、私、受話器を置きました。
「先生、酔っぱらって、寝ちゃうんだって」
先生に誘われて、言葉を選びあぐねていた僅かな間に、
私、恥ずかしいこと、思っていたんですね。
私、パパの横にごろん、そして、自分の胸にパパの手、誘ったんです。

348.jpg


「残念だったね」
「何が?」
「先生と」
「馬鹿ぁ、そんなこと」って、そこまで言って、
その後の言葉に詰まりました。
そんなこと、少しも考えてないわって、言いたかったけど、
本当は、別のこと、思ってたんだから。

c32082f7169ea558a2e61d3f782eb7fa-630x456.jpg


パパ、私のはだけた浴衣の前を開くと、乳房に手の平に被せ、
ちょっと乱暴に、ぎゅーって、揉み始めたんです。
「ほら、先生のものだと思って」
パパ、そう言うと、腰、後ろから押しつけながら、
私の大好きな、パパのものの先で、私の秘唇の溝、押し開き始めたのでした。

あぁ、私、甘い声漏らしながら、早く、奥まで欲しくて、お尻、振りました。
あっ、入ってきたわ、少しずつ、あぁ、奥にまで入ってくるぅ。
私の身体、喜んでパパのもの、きゅうって、締め付けるの、分かりました。

02544.jpg


大好きな、大好きなパパのもの、
私、桃色の声出ちゃうのが恥ずかしくて、慌てて口に手を当てたのですが、
その手、パパ、そっと引きはがして、
「おっきな声、聞かせて」だって、
あぁ、いいのね、おっきな声出して、あぁ、たまらないわ。

15150-600x903.jpg

昨日、早々と寝ちゃったから、今夜は、パパ、元気。
後ろから愛してくれた後は、
私のこと、自分の身体に跨らせると、身体が浮き上げるほど、激しく突き上げてくれたし、
最後は、お互い見つめ合いながら、長いこと、動いてくれ、
家では出せないような、おっきな声、やっぱり、私、叫び続けていたのです。

kj720s.jpg


何度、良くなったのか覚えていません。
けれど、息が詰まるほど抱きしめられ、
身体の奥に、その夜、二度目のパパの大切な液、注ぎ込まれながら、
パパ、ごめんなさい。
私のこころに浮かんだのは、そう、先生の端正な顔立ちだったのでした。

c32082f7169ea558a2e61d3f782eb7fa-630x456.jpg

関連記事
09:57  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(12)
 | HOME |