FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

百万石祭りの夜6

2015.06.30 (Tue)


197-8bac0.jpg


続きの和室だと思っていた部屋には、
京畳の上に、見るからに贅沢そうな寝具が敷かれていて、
枕元の壁に設えてある障子の向こうから、
茜色の間接照明の光が部屋の中を染めていたんです。

500_33899690.jpg


意味が分からないで、狼狽えている私の背中に、そっと、にじり寄って来た女将、
「ごめんなさいね、お願いよ、内緒にするから」
そう言うと、慣れた手つきで、私の帯、後ろからほどき始め、
思いもかけない成り行きに、声も出せないでいる私を、
あっと言う間に、襦袢だけの恥ずかしい姿にしてしまったんです。

ak37-02-05.jpg


耳元で、熱い息の中で女将、こう続けたのでした
「我慢してね。それに、ほらっ」
そう言われて、俯いていた顔を上げると、
目の前には、もう、何も身に着けていない、牧田さんの裸の身体があったんです。

年齢には思えないほど、無駄のない均整のとれた身体でしたが、
下半身から、突き出た男の人のもの、おへそに付くくらい大きくして、
それを握った手、ゆっくりと動かしてたんですけど、
先の方からは、粘り気の感じられる透明な液が、滴り落ちていました。

2qv673f6.jpg


それに、女将が言ったことの意味、それ見たとき、わかったんですよ。
牧田さんのそれ、あぁ、信じられないほど、大きかったんですもの。

「ほら、あれ、入れられたら女がどうなっちゃうか、
あなたも人妻だから、わかるでしょ。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、身体が忘れられなくなっちゃうわよ」

020109.jpg


女将、私のこと立たせ、上手に襦袢の紐解きながら、
抱きかかえるようにして、布団の敷いてある部屋に連れて行くと、
だらしなく重ねを開いてしまった襦袢姿の私の身体、
柔らかい布団の上に、寝かせたのでした。

「女将さんがいるから、心配ないわ」って、そう主人に言っていた言葉、
その時になって、思い出したんです。

「牧田さん、じゃぁ、お願いしますね。
けど、無理させないで下さいよ。大切な人妻の身体なんだから」
女将さん、そう言い残すと、私を残したまま、後姿を見せたのでした。

500_33899690.jpg



関連記事
07:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(11)
 | HOME |  NEXT