FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

百万石祭りの夜5

2015.06.25 (Thu)


s_0068.jpg


そんなしてお話が始まり、思ったよりも、私も、上手にお酌できて、
お部屋が和んだ雰囲気になりました。

「牧田さんの、京言葉が懐かしいです」
私が、そう言うと、今お住まいの、京都のお話になり、
驚いたことに、牧田さん、私の系列大学のご出身ということが分かりました。
それも、私と同じように、登山関係のサークルだったとのこと、
二人の間が、一気に近づいた気がしたんです。

ky-ryozenkannon03w.jpg


連休に主人と一緒に、上高地に行ったこともお話したんですが、
あの朝、穂高で滑落事故があって、二人の方が亡くなったことまでご存知でした。
今も時々、近くの山にお一人で登られているそうなんです。

ph_main.jpg


「奥様、山、行かれないですか?」
そう言うと、一瞬、寂しそうな表情になられました。
「それがね、順子さん、奥様、亡くされたのよ。もう、三年になるかしらねぇ」
「あぁ、この街の支店に居たころだからね。
仕事、仕事って 何もしてあげられなくて、きっと、恨まれてるよ」
そう言うと、杯を傾けられたんです。

「何かと、ご不自由されてるんでしょ」
「まぁ、子どもも巣立ったし、仕事だけが支えかなぁ。
 あぁ、順子さん、たまには、京都、遊びにおいでよ、いろいろ、ご案内するから」
「そうだわ、順子さん、牧田さんとこ、遊びに行けばいいわ。
お金持ちだから、いろいろ、楽しませてくれるわよ」

京都の話題や女将さんの助け舟もあって、始めてのお座敷、
つつがなく、お勤めできているように、思えました。

本格花魁体験1


「すいません、他のお座敷にご挨拶してきますから、
 ごめんなさい、順子さん、暫くおねがいしますね。
それにしても舞妓さんたち、遅いわね。
 あっ、先生、順子さんにあんまり無理なことさせないでくださいよ。
 順子さん、人妻なんですからね」
そう言うと、女将さん、お部屋出て行ったのです。

二人だけのお座敷。
牧田さんにお酒、お注ぎすると、必ず返杯を求められ、
思いもかけず、お酒、いっぱい、飲んじゃっいました。

少し酔い始めていたんでしょうね、
鯛の唐蒸し、お箸で摘まんで、先生のお口に運んであげたり、
逆に、先生から、のど黒の味噌漬け、食べさせてもらったり、
楽しい時間が流れました。

img_nodo.jpg


「お一人で、お寂しくはないですか」
そう言うと、思いもかけず、そっと、肩を抱き寄せられました。

「あなたのような人がいれば、寂しくはないんだろうけど」
牧田さんの、くちびるが、すぐ近くに感じられ、良い匂いがしたのです。

mbc-8.png


くちづけ、求められたらどうしよう。
そんなこと、思ったら、どきどきして、息、乱れだしてました。
そのこと、牧田さん、きっと、気付いていたと思います。
男の人にしては、細い指の手のひらが、着物の膝に載せられると、
肩にあった手に力を感じて、もう一度、私の身体を引き寄せたのです。

「すいません、遅くなりました」
ふすまの外から女将の声が聞こえ、
私、慌てて、しな垂れかかった身体、牧田さんから離したんです。

「女将、今夜は楽しませてもらってるよ」
「まぁ、それはよろしゅうございました。順子さん、ありがとうね」
「今だって、彼女にキスする寸前だったのに、無粋な人が邪魔したよ」

「まぁ、ご冗談ばっかり」
そう言うと、ゆっくりと、女将立ち上がると、次の間の障子の引手に手を添えたんです。

「お待たせしましたね、先生」
蝋燭を使われているんでしょうね、
障子、音も立てないで、すっと、開きました。
けれど、開いたその先が見えた時、
驚いて私、「あっ」って、声出しそうになったんです。

197-8bac0.jpg




関連記事
07:59  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(1)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。