FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

立山への旅5

2015.05.23 (Sat)


「順子さん、なんだか、さっぱりした顔して、綺麗だわ。 
 そうか、昨日の夜は、旦那様に可愛がってもらったのね」
朝食の会場でご一緒した奥様から、笑いながら言われました。

century_bf_image3.jpg


けれど、そう言う奥様の様子も、ひどく幸せな様子。
私がそのこと言うと、
二人、仲良しな夜、過ごされたこと、白状されたんですよ。

see241s.jpg


「主人たら、ベッドの上でも、
順子さんは綺麗だ、胸がおっきかった、ってうるさいの。
 きっと、順子さんの身体のこと思い出しながら、私のこと抱いてのよ」だって。
先生、ちょっと、慌ててました。

いいんですよ。私のこと、思っていただいたのなら。
私だって、先生のこと思いながら、恥ずかしいことしたんだから、
もしかしたら、同じ瞬間に、お互いのこと思って、良くなってたかもしれませんね。

150110e_0008-580x386.jpg


幸い、旅行2日目も、見事な五月晴れ。
今日は、いろいろな乗り物に乗っての移動です。
宇奈月温泉からのトロッコ電車や、雪壁の大谷散策が予定されていて、
とっても、楽しみにしてるんですよ。

ISgzGY.jpeg


トロッコ列車の席に座ると、パパ、私の腰を抱き寄せてきました。
「Tと、これ、乗ったんだよね」
丁度、一年程前、Tさんとの旅行でも、この電車に乗ったこと、
私のブログで書いていたの、パパ、思い出したんですね。
もちろん、私も忘れるはず、ありません。

e7a05410-s.jpg


「T、順子と旅行したいっていってるよ」
自分の大切な妻が、夫ではない他の男性に、間違いなく抱かれる旅にって、
あの時、そう言ったパパ。
Tさんに身体を開き、私が、パパだけの妻ではなくなってしまうだろう旅に、
言われるがままに、出かけてしまったのでした。

狭い座席に身体を寄せ合って、新緑の川沿いをトロッコ列車が走ります。
温かいパパの身体を感じながら、
そう言えば、あの時って、Tさんから言われるがままに、
下着、着けていなかったこと思い出し、
そのこと、知っているパパに、申し訳なく思ったのでした。

無題7


立山駅からケーブルカーに乗ります。
連休ってこともあって、どこも、観光の人でいっぱい。
駅前を少し散策した後、駅に向かって歩いていると、
先生、幟の立っている店の前で、立ち止まったんです。
「ソフトクリーム、好きですか?」
「えっ、ええ、大好きですけど」
「じゃ、ちょっと、待っててくださいね」って、
二人分のソフトクリーム持って、戻ってきました。
「大好きなんですよ、僕も」
そう言うと、先生、
美味しそうに、抹茶色のソフトクリームに、口を付けたんです。
まぁ、なんだか、可笑しいけど、
私も、冷たいバニラ味のソフトクリーム頂きました。
二人で、笑みを浮かべた顔向かい合わせながら、
その、美味しかったソフトクリーム、楽しんだんです。

022.jpg


食べ終わって、駅に行ったんですけど、
パパたちの後姿、ケーブルカーに乗る斜めになったホームの、ずっと上の方に見えました。
仕方がないわって、階段みたいになったケーブルカーに先生と乗り込んだんですけど、
まぁ、車内もぎゅうぎゅう詰め、仕方なくドアのところに二人で立ちましたが、
私の腰に手を回した先生に、他の人を避けるように抱き寄せられ、
先生の息遣いが近くに感じられました。

caption.jpg


「昨日の夜は、あなたの胸、忘れられなくて」
「えっ!」
「その胸、思い出しながら」
「それで?」
「家内のこと、抱いたんですよ」

kj686.jpg

思いもかけない、先生のそんな言葉が恥ずかしくて、私、俯きましたが、
後ろから押されたのでしょうか、先生の身体が私の腰に押しつけられて、
私、諦めて、目を閉じたのです。
抱き締められるように、身体を重ね合いながら、
ケーブルカーに乗った二人、美女平に向かって、昇っていったのでした。

img_01.jpg



関連記事
14:23  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |