FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ボブとの再会4

2015.05.02 (Sat)


ボブ、そんな、私の裸体を抱き上げると、
板間に敷いてある畳に、運びました。
その時に気付いたんですが、
そこには、先程まで、衣文掛けにあった着物が敷かれていたんです。
それは、赤い友禅の、見事な綺麗な着物でした。
私の身体から離れた後、彼が敷いたのでしょうね。

iwn-28.jpg


力の抜けた私の裸の身体を、その着物の上にそっと下ろすと、
何かしらごそごそしてたボブ、
そっと目を開くと、カメラを三脚に取り付けているところでした。

虚ろなまなざし、唾液に濡れ僅かに開かれた朱色の唇、
うっすらとくちびるの跡の見える乳房、
そして、今しがた彼から注がれた白い液を滴らせた秘唇。
そんな、恥ずかしい私の裸体を、彼、カメラに納めようとしていたのでしょうか。

けれど、私、どうすることもできないまま、
彼の前に、身体開き、鼓動の治まるのを待つしかなかったのです。

images (1)


何度か、横たわる私の白い身体に、フラッシュの光が注がれましたが、
暫くすると、ボブ、私の胸に跨ってきました。
一度、私の中に出しただけじゃ、満足できなかったんでしょうね。
私の乳房の間にさっきと同じように、おっきくて硬いもの擦り付けると、
あっというまに、たくさんの男の人の液、唸り声を上げ出したんです。

それは、私の、顎や、くちびる、そして、頬にまで降りかかりましたが、
なぜだか、私、慌ててその熱いものに指を絡ませると、
彼にもっとたくさん出してくれるように、
彼が、満足してくれるように、
一生懸命、それを包んだ手を揺り動かしていたのでした。



二人目の男の人、思いもかけず迎えた夜は、こうして更けていったのです。

images.jpg


その後、ボブが日本の離れるまでの数か月の間、
何度か肌を合わせました。
包容力のある教養深い彼の魅力と、やっぱり、恐ろしいような悦びに、
経験の浅かった私、気持ちを震わせていたんでしょうね。

1-320x240.jpg


「彼、あなたの身体、分かれた彼女の代わりに、欲しかっただけじゃないの」
先輩との関係を心配した友人が、意見してくれました。

始めての男の人だった先輩と身体の関係を持って数か月、
卒論や就活に忙しくしていた先輩と、
なかなか会えなくなっていた初秋の頃です。

そして、それは、ボブとの身体の関係を、
終わらせることできなくなっていた季節でもありました。
友人から言われたその一言で、潮が引いていくように、
先輩への気持ちだんだんと薄らいでいったのです。

ダウンロード


同じ時期に、二人の男の人から抱かれ続けられていた私。
それは、そんな学生時代を望んではいなかった私にとって、
いたたまれないことだとも思えましたが、
男の人を知った自分の身体が、そのことをどうしようもなく求めていること、
仕方なく許してしまっていた、そんな季節でもあったのです。

kyotanabe.jpg


関連記事
14:23  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。