FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ボブとの再会2

2015.04.20 (Mon)


私が借りている、今風の賃貸マンションと違って、
古い京町家を借りていたボブ、日本のこと、勉強しに来た留学生としては、
日本らしい趣のある建物、きっと、嬉しかったんだろうと思います。

お手洗いが離れて居たり、土間があったり、
きっと、不便なこと多かったと思うけど、
その分、中庭や犬矢来などもあり、今みたいな夏も涼しくて、
私たちにも縁の薄くなった古い日本家屋の様相でした。

images.jpg


二間しかない京間の部屋は、きちんと片づけられていて、
男の子なのに偉いなぁって、思いましたよ。
とおり庭や土間も、綺麗に掃かれてました。

「お酒 飲む? じゅんこ」
私の返事を待つことなく、小さな冷蔵庫から、ワインを取り出してました。

和紙で包まれた灯りが放つ、
淡い茜色の光が包む板間に座って、暫くお能のお話し続けましたが、
部屋の本棚から、本のようなもの抜き出した彼、
「写真 昔」
そう言って開いたのは、あぁ、あのホームステイの時の写真だったんです。

数年前ではありましたが、もう、随分と昔のことのようにも思えました。
イギリス、モーバンカレッジ、クラスメート、そして、私たち。
今思えばたった2週間だったのに、本当に楽しい思い出としてこころに残っているのです。

729409f393d0eea71c06eda18e79ddc8-300x225.jpg


「あのころから、じゅんこ、とても綺麗」
食い入るようにアルバムを見ていた私の背中に、
彼の重たい身体が重なってきました。

えっ、何?

ボブが望んでいることが分からないままの私。
けれど、ポロシャツの裾から入れられた、
彼の、広い手のひらが、私の胸にかぶさってきたのです。

「駄目よ、私たち、友達でしょ」って、笑いながら、そう、言ったのに、
「セックス じゅんこと」なんて、とんでもないこと、ボブ、呟いたのでした。

彼には幸いなことに、そして、私には不幸なことに、
ブラのホック、前にありました。
それに気づいたボブ、私が驚く程上手に、そのホック外すと、
こぼれでたふたつの乳房、
喜ぶようにして自分の手の平に包んでしまったんです。

sc1022.jpg


「本当、駄目だって、ボブ!」
けれど、もう、胸元から送られるてきた甘い感覚、身体中にじわって広がってて、
それと同時に、私の理性、少しずつ、溶けだしてたのでした。

両乳首、彼の太い指で摘ままれ、私、その鋭い快感に仰け反ったんですが、
ボブ、それを待っていたように、分厚いくちびる重ねてきたんです。
やっ! て、叫ぼうとしました。
けれど、その時には、彼の太い舌、
私の口に中にぞろりと入りこんできて、逃げる私の舌に、絡みついてきたのでした。

n14010302s.jpg


舌を強く吸われ、唾液を飲まされ、私、もうろうとさせられてました。
その間に、乳房、彼のいいように揉まれ、力の抜けた全身から、
身に着けていたもの、ほとんど、脱がされてしまってたんです。

男の人のもの知ってから、まだ、三か月しか経っていないというのに、
違う人のもの、迎えることになるのかなぁ、
それも、久し振りに逢った友人、それも、外国の人だというのに。
とんでもない成り行きだったはずなのに、
私、彼のなすがままに、ゆっくりと太ももを開かれてしまってたんです。

tada.jpg


「じゅんこ、きれい」
彼、そう言いながら、逞しい腰で私の太腿を押し開くと、
自分の男の人のもの、当てがってきました。

潤いが不足していると思えましたが、
きっと、彼のものの先から、たくさん透明な液が滲んでいたんでしょうね。
彼の男の人のもの、ゆっくり、私の秘唇を、押し開き始めたんです。

1-320x240.jpg

関連記事
07:11  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |