FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

白馬のスキー場4

2015.03.21 (Sat)


ホテルについて、濡れたスキーウエア、部屋のエアコンの上に干すと、
シャワーを使いました。
冷えたはずの身体でしたが、お部屋の中はぽかぽか。
レース越しに、色とりどりのスキーヤーたちを見下ろすことができました。

hk100_01_600x400.jpg


「ゲレンデで、順子のこと、欲しくなって」
パパ、そう言いながら、後ろから私のこと、そっと、抱きしめてくれたんです。
振り返って、キス、おねだりしようと思って、振り返ろうと思ったのに、
そのまま抱きしめられ、セーターの下からパパの手の平、這い上がってきたんですよ。

c086571e-s.jpg


「駄目よ、見られちゃうわ」って、言ったのに、
聞こえないようにして、部屋着のスラックス、下着と一緒に下ろされたんです。

熱いパパのもの、私の秘唇を探し、下から突き上げるようにして、
私、胸をゆっくりと揉まれながら身体を少しだけ前に倒すと、
大好きなパパのもの迎えるために、身体を潤わせ始めたのでした。

スプーンが重なるように、ふたりの身体、ひとつになりました。
仰け反ったまま、後ろを振り返ると、
恥ずかしい声を聞かれないように、パパのくちびるをおねだりしたんですが、
パパも気持ちよかったのかなぁ、
私の腰に当てていた両手、もう一度、胸に被せて、
ちょっと、乱暴に、おっきく、硬くしてくれていたもの、
突き入れてくれたんです。

5b0b76f2-s.jpg


驚くほど早く、悦びが見えてきました。
レースのカーテン越しだったけど、ゲレンデにいるスキーヤーから、
ふたりの繋がった恥ずかしい姿、見えたかもしれません。
そのことが、私の興奮、強くしたのかもしれませんね。

「順子」
「パパ、お願いよ、一緒に」

曇ったパパの声と、それまで以上に奥にまで突き入れられたものに誘われて、
私、両手で支えられた腰、がくがくってさせながら、
我慢できなかった恥ずかしい声、パパに聞かせながら、昇りつめていったんです。

819b70e9-s.jpg


「まだ、出る」
私、強い悦びに身体を震わせながら、
パパが、何度も何度も、自分の身体、喜んでくれてること、
妻として、幸せな気持ちで、大好きな液、迎えていたのでした。

hk100_01_600x400.jpg



関連記事
10:01  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |