FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

白馬のスキー場2

2015.03.15 (Sun)


予約してくれてた露天風呂、
自然石を使った湯船の向こうには、真っ白な雪景色。
けれど、喜んでた葵さん、なかなか、来ないんです。
時間のことがあるから、脱衣場で電話してみました。

「葵さん、まだぁ? 待ってるわよ」
そしたら、気怠そうな声がかえってきました。
「えぇ」
「えっ どうしたの?」
「主人ったら、離してくれないのよ」
って、甘い声。
「さっき、一度、済ませたのに」

あら、二人、仲良ししてるのかしら?

「ごめんなさい、行けそうにないわ」
「まぁ」
「あっ! 入れられちゃう!」

私の方が、慌てて電話切りました。
邪魔しちゃって悪かったわ、でも、夫婦の仲良いの、一番だから。

394b598d-s.jpg


ということで、里子さんと、二人、お風呂、入りましたよ。
もう、何度もお風呂ご一緒してるけど、里子さん、白い肌が綺麗です。
胸は私みたいに豊かではないけど、素敵な形なんですよ、
乳首、つんって、上向いてて。

1240-18s.jpg


広く開け放たれた窓の向こう、
残念ながら北アルプスの山々、雪雲の向こうで見られませんでしたが、
墨絵のような雪景色の風景が眺めることができて、
ゲレンデの喧噪の中にいたのが、嘘みたいだったんです。

t_02.jpg


流れ込んでくる冷たい空気、
首までしっかり浸かってましたが、流石にのぼせそう。
湯船の縁に上半身だけ出して、座ったんですよ。

「綺麗だわ、順子さんのはだか」
そう言いながら、里子さんも私の隣に座ってきました。
お互いの温まった肌が触れ合って、気持ち良かったです。

「里子さんこそ、素敵なおっぱい」そう言うと、
里子さん、私の左胸、持ち上げるように手を添えると、
「かなわないわねぇ、順子さんの胸には、まぁ、おっきいのに張りもあって」

0238.jpg


ゆっくりと、その張りを楽しむように、上手に揉んでくれました。
男の人って、ちょっときついとこあるけど、
同じ女性だから、どんなに揉んだら気持ちが良いかわかってるんですよね。

別に嫌じゃなかったから、里子さんのするがままにしてたんですけど、
だんだんと甘い感覚が、身体に広がり始め、小さな声でてしまいました。

「もう、駄目よ」そう、言ったんですけど、
「もう少し 好きにさせて」って、
顔を寄せて、やだぁ、乳首に吸い付いてきたんです。
「あんっ!」、思わず、甘い声あげさせられました。
里子さんの舌、私の乳首吸い出して、ころころって、舌でもて遊ぶんだもん。

609fb1f1-s.jpg


下から乳房揉み上げられ、硬くなった乳首、甘噛みされて、
「もう、駄目だったら」そう、言うのがやっとでした。
息が乱れ始めたのが、自分でも分かったんです。
なのに、里子さん、私の両胸に顔を埋め、太股の間に身体、分け入れてきたんです。

blog_import_51a6af3498df4.jpg


「困るわ」って、私、慌てました。
両手で里子さんの身体、離そうとしながら、
「里子さん、そうなの」
「わかんないけど、女の人とこんなことするの、前から、大好きなのよ」
そう言うと、細い二本の指、私の秘唇に当てがってきたんです。

「もう、駄目!」
流石に、私、彼女の身体を押し返すと、音を立てながら湯船を出ました。
腰に、甘い快感が残っていましたが、やっと、脱衣場まで、逃げるようにいったんです。

「ごめんね、順子さん、いたづらして」
「もう、びっくりしたわ」
そう、言ったのに、里子さんたら、
「こんど、また、ゆっくりね」って、
後ろから私の首筋に舌を這わせながら、
乳房に両手の平、被せてきたんです。
やだぁ。

複雑な気持ちだったんですよ。
だって、大好きなパパと里子さん、何度か抱き合ってること、私、知ってるんです。
改めて、問いただしはしてないけど、妻として、心配してるんですよ。

see473.jpg

長距離の運転とスキー、昨夜のパパったら、早目に就寝。
旅行先で、私のこと抱かないことって、あんまりないんですけど、
やっぱり、疲れてたんでしょうね。
えぇ、私も、パパの腕枕で横になって、暖かな、幸せな夜だったですよ。

白馬のスキー場、そうして、一日目の夜、更けていったのでした。

img02.jpg


関連記事
11:31  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |