FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

雪のスカイラウンジ

2015.03.04 (Wed)


20150101140810.jpg


何度も書きますけど、今年の雪はすごいですね。
私の住んでいる住宅街の街路樹も、見たことのないような深い雪景色。
でも、夜は街燈に染まって、綺麗です。
昨夜も、パパと一緒に、雪を見学に暫く散歩したんですよ。

20141225200329.jpg


リビングの部屋の中に、ノックターンの調べが流れています。
小学校の時練習した曲ですが、やっぱり、素晴らしい曲だと思います。
最近ピアノの方、ちょっと、ご無沙汰なんですけどね。

手にしていたコーヒーカップ、ゆっくりとソーサーに戻すと、
お出かけの準備のため、立ち上がりました。
今日は、桐子さん、葵さん、そして、里子さんと、
午前中、春物のセーターとスキーの小物を見た後、ホテルでランチを楽しむ予定なんですよ。

ドレッサーに、下着姿の自分を映しました。
パパから、いつも愛してもらっている白い身体、もっと綺麗になって、
もっと、もっと抱かれたいと思うんだけど、
パパと里子さんとのこと、やっぱり、心配なんです。

bc8170ee-s.jpg


葵さんの行きつけのブテイック。
お店の前で待ち合わせだったので、
一人で、せせらぎ通りをぶらぶらして、ウインドショッピング楽しんでたら、

DSC_0806.jpg


「お綺麗ですね、ありきたりなお誘いですが、お茶でもいかがですか」って、
ロマンスグレーの素敵な紳士から、声、掛けられました。
仕立ての良いジャケットに、低い声、ちょっと、慌てていたんですけど、
ちょうと、そこに、桐子さんたち、
「あら、順子 お誘いなの。電話番号聞いて、また、夜にでもお逢いしたら」って、
もう、やだぁ、助けてよ。

ops408601j_14.jpg



結局、電話番号の書いてある、プライベートな名刺を頂いて、お別れしました。
多分、連絡することないんでしょうけどね。

お店では、四人でワイワイ。
自分とパパ、それに娘たちに、春らしい色のアンゴラの薄手のセーター頂いて、
自宅に配達してもらうことにしました。
ショッピングって楽しいですよね。
女性たちにとっては、気分転換ストレス解消にもなるんですもの。

その後は、いつものホテル、30階のスカイラウンジでランチ。
いつもの、大好きなパンケーキ、そして、いつものように、ワインも頂きました。

9kSrog.jpeg


「残念だわ、白馬のスキー場、久し振りだったのに、
 ほら、あそこって、コースが多いから楽しめるわよね」
「桐子さんたち、楽しみにしてたのに、法事だったらしょうがないわ」
「主人の父親の法事なのよ、私のこと、とっても大事にしてくれた素敵なお父様だったわ。
 主人も楽しみにしてたのよ、スキー、また、順子に会えるって」

私、どきって、しました。
やめて、そんなこと、言いださないで。

「順子、Tさんと時々会ってるんでしょ、Tさん、何て言ってるの、桐子」
私の心配知らないようにして、葵さん、そう、続けたのです

桐子さん、慌てる私を、喜ぶように見ると、小声で話し始めたんです。

「初めてのころは、何も言わなかったけど、ベッドの上でしつこく聞いたのよ。
 順子の身体、どうだったって」

皆、静かになって、桐子さんの話に、興味津々、

「順子のって、小さくて、狭くて、すごく絞まるんだって、
 それに、このおっぱいでしょ、 揺れるの見てるだけで、ふふ、出そうになっちゃうんだってよ」

a4ec28d4-s.jpg


私、両手を顔に当てて、俯くしかありませんでした。

「それに、いつもは大人しい顔してるのに、ベッドの上じゃ叫んじゃって、すごいんだって、
 ねぇ そうなんでしょ、順子」
「桐子さん、Tさんとのこと、ごめんなさい」
応えられるはずもなく、私、顔真っ赤にして、俯くしかなかったのでした。

ju65s.jpg


「まぁ、駄目よ、Tさんのこと、骨抜きにしちゃったら」って、葵さん。
「いいのよ、その分、主人、順子の話すると、その後、なんだか、すごく元気なんだから、
 でも、赤ちゃんだけは、気をつけてね」

そう言う桐子さんの可愛らしいお口に、小さいパンケーキ、消えて行ったのです。

pan.jpg


でも、私、下を向いたまま、本当は安心してたんですよ、
今後のスキー旅行、Tさんが来ないこと。
もしも、一緒だったら、この間の別荘での夜のようなこと、
また、起きるかもしれないから。

でも、里子さんたち、来るんですよね。
だったら、パパとのこと、やっぱり心配しなくちゃいけないわ。
いいわ、今度は、私。パパにしっかり、噛り付いてるから。
渡さないわよ、里子さんに。
だって、大好きな、大好きなパパなんだから。

c32082f7169ea558a2e61d3f782eb7fa-630x456.jpg


「あらっ、また、雪だわ」
そう言った葵さんの言葉に、促されるようにして見たみんなの視線の先に、
それまで止んでいたと思っていた雪が、また、静かに降り始めていたのでした

20150101140810.jpg

関連記事
10:36  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。