FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ホームステイ

2015.03.28 (Sat)


サッカーのこと、よくわからないけど、
新年早々、地元高校のサッカー部が、全国大会で初優勝して、
嬉しかったです。
知っている方の、息子さんも出場していて、
家族で喜んで見てました。
優勝パレードや、駅前に祝賀記念の搭も立てられ、
県民、皆でお祝いしましたよ。
また、来年も頑張ってくださいね。

AS20150110002065_comm.jpg


皆さんも、そうだろうと思いますが、
高校時代、楽しかったですよね。

jj289.jpg


親元を離れて、叔父さんのところから学校に通った3年間、
仲の良かった友人たちとの語らい、部活動、そして、ボーイフレンドとの危ない時間。
今でも思い出すと、なんだか、こぼれるような笑顔の自分に気付くんです。

jk196.jpg


いろいろなことがありましたが、
その中で、2年の時に行ったイギリス、モーバンカレッジでの英語研修も、
深い思い出として記憶に残ってます。
大学進学後は、日本の文学や歴史の勉強をしたかった私にとって、
英語に対しては、それほど強い興味もなく成績もそれなりでしたが、
親からの勧めと、親しい友人も参加するとのことだったんで、行くことにしたんです。

729409f393d0eea71c06eda18e79ddc8-300x225.jpg


ホームステイ先は、銀行に勤めるお父さんと、お母さん、
二人とも映画スターみたいに美男、美女で驚きました。
それに、期間中、私のお世話をしてくれるクラスメイトのジュデイ、そして、弟のマーク。
古いけど、伝統を感じる一戸建て、
二階にある六畳ほどのフローリングの部屋を、用意してくれてました。

images (3)


英語研修の一週間目を、友達の助けもあって何とか過ごした私。
ウイークエンドの土曜日の朝、ゆっくりと目を覚ましました。

521a9c73-s.jpg


ご夫婦は御用があって早めに出発、ジュデイも、部活動でいなかったこともあり、
私、レースのカーテン越しの朝陽に包まれて、
そのまま、まどろんでたんですけど、
なぜだか、急に、日本にいるボーイフレンドのこと、思い出したんです。

「せっかくの夏休みなのに、順ちゃんと遊べないのか」
そういうと、高校生にしては豊かな私の乳房、ゆっくり揉んでくれたんです。

jk176.jpg


「ごめんなさい、お土産、沢山買って来るから」
「お土産はいいから、帰ってきたら、いいでしょ」
「何?」
「順ちゃんの処女」
「ばかぁ、駄目だって」
「こんなことばっかりじゃ、堪んないよ」
「だって」
「早く、順子ちゃんの中に、入りたいって。ほら!」
そう言うと、
私の細い指、おっきくしてた自分のものに巻き付かせたのでした。

45670c26-s.jpg


中学校時代から、ちょっと、危ないことってありましたが、
結局、男性を知らないままに、高校時代を過ごしてたんです。
系列高校の同じような部活動の友人、時夫君と付き合い始めて、
数か月経ったころのことでした。

日本に帰ったら、こんどは、やっぱり、時夫君のもの、入れられちゃうのかなぁ、
始めて、彼の男の人のもの、身体に迎えるのかなぁ、って、
遠い日本にいる彼の顔、思い出しているうちに、
やだぁ、堪らなくなっちゃったわ、これって、ホームシックの一種かしら。

私、そっとパジャマの胸元を開くとブラの前ホック外し、
左手を右の胸にゆっくりと被せ、そして、右手を下着の中に忍びこませました。
「ごめんね、時夫君。帰ったら、あげちゃうかも」
そう、心の中で彼に話しながら、ゆっくりと、それぞれの手を動かしたんです。

1240-23s.jpg


淡い快感が、全身を包み始め、思い出された、彼の、懐かしい笑顔が微笑んできます。
慣れた指の動きのお陰で、私の女の身体が求めている頂に、
少しずつ、向かい始めた時でした。
その時、軽いノックが聞こえたんです。


「お姉ちゃん、朝ごはん、一緒に食べようって言ったでしょ」
そう言いながら、マーク、私のベッドにもぐり込んできたんです。
悦びの頂に向かって、身体を熱くしていた私、
慌てて枕元に置いていた観光パンフレットを手にしたんですが、
「今日は、どこ行くの? ハンバーガーの美味しいお店、ほら、ここだよ」
ベッドの上、二人で街の観光案内のパンフレット、見上げたのでした。

やだ、胸元開いてるの、分かっちゃうわ。
そんな、私の心配通り、マーク、私の胸元に手を被せてきたんです。

3ced830e-s.jpg


「お姉ちゃん、おっぱい、おっきいんだね」
下着を外してしまっていた胸、彼の手の平が被い、ゆっくりと揉み始めたんです。
「友達が言ったんだ、日本人の女の人の裸って、どんなか見てきてって」
「あん!」
彼の指に乳首摘ままれ、私、甘い声、上げてしまってました。



関連記事
14:01  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。